赤尾健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤尾 健一(あかお けんいち、1962年 - )は、日本の経済学者。 博士(農学)(京都大学)。

早稲田大学社会科学部・社会科学総合学術院教授。 「環境経済・政策学会」理事。

専門は、環境経済学、経済理論、林学(森林経済学)。

東京大学では『森林資源経済学』の講義を担当する。

人物[編集]

京大農学部林学科出身で「環境」の要素を入れた森林の経済分析モデルを作成し、生物多様性や森林など、「環境の価値」を「数値的」に実証、算出する試みを実践する。[1]

経歴[編集]

学外での委員[編集]

著書[編集]

  • P.O.ヨハンソン著 『環境評価の経済学』(共訳)多賀出版 1994
  • 『地球環境と環境経済学』 成文堂 1997
  • ジェフリー・ヒール著 『はじめての環境経済学』(共訳) 東洋経済新報社 2005
  • 『都市ガス産業の総合分析』(分担執筆) 「第12章 温暖化対策と都市ガス産業」 NTT出版 2009

   ※ その他の著作物等については、こちら[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『学問の鉄人―大学教授ランキング』 P.185 河合塾編著 1997年刊

外部リンク[編集]