赤坂義昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤坂 義昭(あかさか よしあき、1943年6月29日 - 2009年12月28日)は、秋田県六郷町(現在の美郷町)出身で、宮城野部屋所属の元大相撲力士、暁ジム(田中敏朗会長)→帝拳ジム所属の元プロボクサー、元日本ミドル級チャンピオン、元協栄札幌赤坂ジム会長。大相撲時代の四股名は郷の山(さとのやま)。

来歴[編集]

中学校卒業後に力士を志して大相撲の宮城野部屋に入門し、1959年5月場所に本名の赤坂の四股名で初土俵を踏んだ。同年11月場所から四股名を郷の山に改名して三段目まで出世したが、1962年9月場所限りに廃業した。最高位は三段目93枚目。

大相撲廃業後はプロボクシングに転向して、1963年にプロデビューを果たした。左右パンチともに威力を秘め、1966年3月20日、強打の名選手海津文雄の持つ日本ミドル級王座に挑むが判定負け。しかし、翌1967年5月3日、再度の挑戦で判定勝ち、海津の5度目の防衛を阻んで日本ミドル級チャンピオンとなった。

2か月後の同年7月19日、海津とのラバーマッチに判定で敗れ王座を失うが、海津が返上した同タイトルを武田昭峰と争い、3回KOで再度の王座獲得を果たした。翌1968年5月6日、藤一に敗れて初防衛に失敗。

1968年6月7日、ローマでWBA・WBCミドル級王者ニノ・ベンベヌチとノンタイトルマッチで対戦し、2RKO負け。

その後、日本王座返り咲きを狙って江藤義昭カシアス内藤と対戦するも、いずれも失敗に終わった。

引退後は札幌に移り、協栄札幌赤坂ジムを設立。慢性腎不全のため、ジムの経営は長女でマネージャーも務める裕美子及び畠山昌人に譲って療養に専念していたが、2009年12月28日に死去した[1]

主な成績[編集]

大相撲時代[編集]

  • 通算成績:65勝73敗8休(21場所)

プロボクシング時代[編集]

  • 通算成績:43戦22勝(10KO)20敗1引分け
  • 日本ミドル級第16代王者(1967年5月3日 - 1967年7月19日)
  • 日本ミドル級第18代王者(1967年11月8日 - 1968年5月6日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]