赤倉温泉 (山形県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg赤倉温泉
Yamagata Akakura-onsen and Oguni river.JPG
赤倉温泉。最上小国川を挟んで温泉街が広がる。
温泉情報
所在地 山形県最上郡最上町
交通 鉄道 : 陸羽東線赤倉温泉駅下車
泉質 硫酸塩泉
宿泊施設数 9
テンプレートを表示

赤倉温泉(あかくらおんせん)は、山形県最上郡最上町(旧国出羽国明治以降は羽前国)にある温泉

アクセス[編集]

泉質[編集]

  • カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

温泉街[編集]

赤倉温泉駅より少し離れた小国川沿いに9軒の旅館が存在する。温泉街の旅館を含め、JR陸羽東線国道47号沿いにある瀬見温泉(山形県最上町)および鳴子温泉郷宮城県大崎市鳴子)との間で、共通の湯めぐりチケットが発行されており、県境を越えた湯巡りをすることが出来る。

共同浴場は1軒存在するが、地元住民専用であり、観光客は入浴することはできない。

周辺には赤倉温泉スキー場が存在する。

歴史[編集]

開湯伝説では、貞観5年に円仁によって、が川底から湧き出ている温泉で傷を癒している所を発見したとされる。

江戸時代には松尾芭蕉奥の細道の途中に立ち寄っている。

外部リンク[編集]