赤井鬼介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤井 鬼介(あかい おにすけ、1932年 - )は、日本脚本家。本名:宮崎 英明[1][2][3]立教大学経済学部卒。赤井企画代表取締役社長。

人物[編集]

東宝撮影所特殊技術演出助手を経て、円谷プロダクション企画室の出向社員として入社。『ウルトラセブン』や『戦え! マイティジャック』の脚本を担当し、『ウルトラセブン』第11話「魔の山へ飛べ」では友人の金城哲夫上原正三と共に地球防衛軍メディカル・センターの医師役としてカメオ出演

その他、東宝演劇の宣伝プロデューサーや、信州大学の非常勤講師、池田町図書館の館長[1]を勤めた。

主な参加作品[編集]

監督助手[編集]

※全てノンクレジット

脚本[編集]

  • ウルトラセブン 第21話「海底基地を追え」(1968年)
  • 戦え! マイティジャック(1968年)
    • 第5話「マリアの像を追いかけろ!!」(1968年)
    • 第9話「地底の悪魔をたたきだせ!」(1968年)
    • 第10話「消えた王女の謎を解け!!」(1968年)

※第9・10話は小滝光郎と共同

出演[編集]

  • ウルトラセブン 第11話「魔の山へ飛べ」(1967年) - メディカルセンター医師

赤井鬼介(に該当する役)を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ウルトラセブンイズム』 辰巳出版〈タツミムック〉、2002年11月15日、78頁。ISBN 4-88641-779-5
  2. ^ 「エピソードガイド第21話」『ウルトラセブン研究読本』 洋泉社2012年11月29日、86頁。ISBN 978-4-8003-0027-0
  3. ^ 用田邦憲(構成・執筆)『戦え!マイティジャック DVD BOX』封入解説書(東映ビデオ、2013年5月、DSZS07812)