赤ちゃん恐竜 ドゥーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤ちゃん恐竜 ドゥーリー
各種表記
ハングル 아기공룡 둘리
漢字 아기恐龍 둘리
発音 アギゴンニョン トゥルリ
英題: A Little Dinosour Doolie[1]
テンプレートを表示

赤ちゃん恐竜 ドゥーリー』 (아기공룡 둘리) は、キム・スジョンによる韓国漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品である。

漫画作品[編集]

1983年昭和58年)から1993年平成5年)まで韓国の漫画雑誌である『宝島』(보물섬)に連載。

テレビシリーズ第1作目[編集]

1987年(昭和62年)10月7日放送、KBS1TVで放送。全6話。

スタッフ[編集]

  • 原作 - キム・スジョン
  • 監督 - オ・フンソン、シン・ドンホン、イ・ヨンス、ソン・ジョンニュル
  • 脚本 - パク・リミ
  • キャラクターデザイン - オ・フンソン
  • 美術設定 - ハン・ソングン
  • 音楽 - キム・ドヒャン
  • 企画・指揮 - チョ・ボンナム
  • アニメーション制作協力 - エイコムプロダクション(第1話 - 第2話)、シン・ドンホンプロダクション(第3話)、三英アニメーション(第4話)、ハンホ興業(第5話 - 第6話)
  • 製作 - KBS
  • 放映リスト
タイトル 放送日
原題 翻訳
1話 둘리의 탄생 ドゥーリーの誕生 1987年10月7日
(大韓民国の旗KBS 1TV)
2話 대공원 소동 大公園騒動
3話 내 친구들 私の友達
4話 형아! 가지마 型!行かない
5話 과거로의 여행 (상) 過去への旅行(上)
6話 과거로의 여행 (하) 過去への旅行(下)

テレビシリーズ第2作目[編集]

1988年(昭和63年)5月5日放送、KBS1TVで放送。全7話。

スタッフ[編集]

  • 原作 - キム・スジョン
  • 監督 - ソン・ジョンニュル
  • 音楽 - キム・ドヒャン
  • 企画・指揮 - チョ・ボンナム
  • アニメーション制作協力 - ハンホ興業
  • 製作 - KBS
  • 放映リスト
タイトル 放送日
原題 翻訳
1話 둘리의 분노 ドゥーリーの怒り 1988年5月5日
(大韓民国の旗KBS 1TV)
2話 마이콜 등장 マイコル登場
3話 또치의 탈출 トッチの脱出
4話 이상한 램프 変なランプ
5話 둘리 소인국 ドゥーリー小人国
6話 꼴뚜기 별의 왕자님 (상) イイダコ星の王子様(上)
7話 꼴뚜기 별의 왕자님 (하) イイダコ星の王子様(下)

OVAシリーズ[編集]

ドゥーリーのリュックサック旅行
各種表記
ハングル 둘리의 배낭여행
漢字 둘리의 背囊旅行
発音 トゥルリエ ペナンヨヘン
テンプレートを表示

ドゥーリーのリュックサック旅行』(둘리의 배낭여행) というタイトルで、1995年平成7年)10月より発売開始。児童への英語教育アニメ。全7話。

劇場映画[編集]

赤ちゃん恐竜ドゥーリー 氷星大冒険
各種表記
ハングル 아기공룡 둘리 얼음별 대모험
漢字 아기恐龍 둘리 얼음별 大冒險
発音 アギゴンニョン トゥルリ オルムビョル テモホム
英題: A Little Dinosour Doolie[2]
テンプレートを表示

赤ちゃん恐竜ドゥーリー 氷星大冒険』(아기공룡 둘리 얼음별 대모험) というタイトルで、1996年(平成8年)7月26日より公開。

原作者であるキム・スジョンが自ら総監督を勤めている。

スタッフ[編集]

  • 製作 - チョン・チャンロク
  • 企画 - ハム・ギュヨル、オ・ソンユン
  • 原作・総監督 - キム・スジョン
  • 監督 - イム・ギョンウォン
  • キャラクターデザイン - キム・スジョン、キム・ミンス
  • 美術監督 - キム・ジョングム
  • 撮影監督 - ユ・スンドク
  • 音楽 - オ・ユンソク、チョ・ビョンヒ
  • 製作指揮 - ハ・ユンシン、イ・ジョンジェ
  • 製作 - ドゥーリーの国、ソウルムービー

テレビシリーズ第3作目[編集]

2009年(平成21年)1月8日より、SBSで放送。全26話。

「氷星大冒険」に引き続きキム・スジョン自ら総監督を勤める。

スタッフ[編集]

  • 原作・総監督・脚本 - キム・スジョン
  • 絵コンテ演出監督 - キム・ビョンガプ(SFスタジオ)
  • キャラクターデザイン - シン・ヨンスク(SFスタジオ)
  • 美術監督 - オ・ドンウク(SFスタジオ)
  • サウンドスーパーバイザー - パク・ジウォン(プロワークス)
  • 録音演出 - キム・ジョンホ(プロワークス)
  • 制作総括 - キム・ヨンドゥ(同友アニメーション)
  • プリプロダクションプロデューサー - キム・ソング(SFスタジオ)
  • 制作プロデューサー - ホン・ジェミナ(同友アニメーション)、ハン・ヒチャン
  • プロデューサー補 - ユ・ジョンジン、チョ・ソンギョン
  • プロデューサー - クォン・ヨンスク、ソン・ハムク
  • アニメーション制作 - 同友アニメーション、SFスタジオ
  • 製作 - SBS、ドゥーリーの国、SBSプロダクション、オンメディアトゥーニバース

あらすじ[編集]

恐竜の時代、ドゥーリーは毎日楽しく過ごしていた。ところがある日突然、エイリアンが現れ、ドゥーリーはUFOに連れ去られ、現代にタイムスリップしてしまう。暫くして、ドゥーリーは川にいることに気付いた。そこにコ家の妹がドゥーリーを見つけ、コ家の一員となった。こうして、ドゥーリー達との生活が始まったのであった。

主な登場キャラクター[編集]

ドゥーリー(둘리)
このアニメの主人公。恐竜時代からタイムスリップした。わんぱく盛りな緑色の恐竜の赤ん坊で、いつも周囲の者を困らせることをし、悪戯をしてコ家の父親:キルドンに発覚されてはいつも拳骨を食らわされる。だがヒドンの面倒を見たり、慰める等、心の優しい面もある。また、魔法を使える。「ホイッ!」という掛け声でおまじないをかける。『タイムコスモス』の回でタイムコスモスで恐竜時代にタイムスリップし、家族と再会。第3シリーズの『嘘つき』の回で、シャンプーアレルギーをもっていることが判明する(本人は癌だと思っていた)。
コ・キルドン(고길동)
コ家の父親で大黒柱である。ドゥーリーに対しては最悪な関係で、ドゥーリーの悪戯にいつもイライラしている。母親と、兄のチョルス、妹のヨンギ、そして引き取られたヒドンがいる。
コ・チョルス(철수)
コ家の長男。
コ・ヨンギ(영희)
コ・チョルスの妹で、ドゥーリーを見つけ、家に預け、彼とともに暮らし始めた。
ドーナー(도우너)
ドゥーリーの仲間の一人。金髪でピエロのような赤く丸い鼻をしている。彼はカンタッピアの惑星の王子で、過去と未来や様々な場所を行き来できる「タイムコスモス」というバイオリンに似た宇宙船のような機械を作った。だがのちにヒドンによって壊されてしまう。好奇心旺盛で、ドゥーリー達とよく手を組むが、まれに対立する。
トッチ(또치)
ドゥーリーの仲間の一人であるメスのダチョウ。アメリカのラスベガスのサーカスでアフリカ生まれのダチョウの女王役を演じさせられていたが、サーカスから脱走した。ドゥーリー達とよく手を組むが、ドーナーと同様に、対立することがある。少々自己中心的で内気だがドゥーリーの仲間たちと暮らしていくうちに心の優しい性格もみられるようになった。サーカスで演じさせられたその能力を生かすことができる。乗り物酔いをしやすい体質で、第3シリーズでは『ユニコーン(前編)』の回で、ユニコーンに乗っている最中に嘔吐してしまう。
マイコル(마이콜)
コ家のすぐそばに住んでいる、黒人系のハーフで歌手でもある。ギターの演奏をし、ドゥーリー達とバンドを組んだことがある。マイケル・ジャクソンをモデルにしたキャラクターだという。
ヒドン(희동)
コ家に引き取られた男の子の赤ん坊。実の両親は海外へ赴任している。苗字は不明。実の母親がいないことを寂しく思うこともあるが、ドゥーリー達やコ家の兄妹が楽しませてくれているおかげで笑顔で、前向きでいるようになり、ドゥーリー達にはいつも感謝している。そのお蔭でどんなことでも恐れない強い心を持つようになる。ドゥーリーをお兄さん思いでいる。常におしゃぶりを口にくわえており、離すことはない。天真爛漫な性格であり、よくしゃべったり、はしゃぐ。反面、泣き虫な面もあり、泣くと耳をふさいでしまいそうな大声をあげて泣いてしまうことも。ドーナーのタイムコスモスを壊してしまった。ドゥーリーやその仲間に対して気に入らないことがあると怒って噛みついたり引っ掻いたりする。実の両親はイギリスのリヴァプールにいることが判明し、第3シリーズでは『ユニコーン(後編)』の回で、母と涙ながらに一瞬だけ再会した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]