赤い野獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤い野獣
Black Zoo
BlackZooposter.jpg
監督 ロバート・ゴードン
脚本 ハーマン・コーエン
原作 ハーマン・コーエン
製作 エイベン・カンデル
ハーマン・コーエン
音楽 ポール・ダンラップ
撮影 フロイド・クロスビー
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

赤い野獣』(あかいやじゅう、原題: Black Zoo)は、1963年アメリカ合衆国の映画

あらすじ[編集]

猛獣を偏愛するあまり私設動物園を経営するに至ったコンラッドは、チンパンジーの調教師だった妻のエドナ、喋れない青年カール、雑役夫のジョーと暮らしていた。

ある日、建設業者ステンゲルがコンラッドの土地を狙うあまり脅迫まがいのことをした結果、コンラッドのライオンに食い殺された。 またある日、虎にえさを与えようとして襲われたジョーが恐怖のあまりその虎を射殺したことを知ったコンラッドは、ジョーをライオンの餌食にした。 エドナに仕事を持ちかけてきた友人もコンラッドの餌食になったとき、エドナはカールを問い詰めて真実を知り、二人は家を出る準備をした。 その様子を見たコンラッドがエドナを猛獣の檻へ連れ込もうとしたとき、カールは自分の母親も同じように殺されたことを思い出した。 豪雨の中、コンラッドを絞殺したカールとエドナは警察のパトカーに迎えられた。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]