贖い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

贖い(あがない)とは賠償の古語で、一般にはを償(つぐな)う、あるいはそれに相当することを行うことを意味する。

概要[編集]

日本語としての「あがない(あがなひ)」とは、金銭や物品を差し出してを償うこと。転じてそれに値する行為によって罪滅ぼしすることを指す。

また「贖(ショク)」という漢字の主な意味(中国語)としては、当局に身代金を支払って罪人の身柄を引き取ることを意味する。(近代刑法の保釈金制度とは違い、金銭によって罪を免ずるということである。)そのほか日本語においても中国語においても、単にモノを買い求めるというだけの意味もある。

しかし、現代ではもっぱら宗教的な「罪」からの救済を指す宗教用語として使われる場合が多い。上記の通り一般的には「罪の償い」という意味合いで使われても特段おかしくない言葉だが、外国語の宗教用語が「償い」ではなくあえて「贖い」という単語で翻訳されている意味は深長である。すなわち罪人本人が主体となり努力するとか捧げ物を供えるなどして罪を償うというよりも、どちらかと言えば罪人を救いたいと思う側が何らかの代償を払って人を罪の縄目から解放し、己の近くへ取り戻すというようなニュアンスがある。それがキリスト教の教義ならば、大切な神の一人息子であるイエスを十字架にかけることで生贄とし、人類の罪が赦され神のみもとに立ち返るということが「贖い」なのである。

旧約聖書[編集]

旧約聖書において贖いとは

  • 人手に渡った近親者の財産や土地を買い戻すこと
  • 身代金を払って奴隷を自由にすること
  • 家畜や人間の初子を神に捧げる代わりに、生贄を捧げること。犠牲の代償を捧げることで、罪のつぐないをすること。

などの意味を持つ。キリスト教以前のユダヤ教義(タルムード)からの影響を受けた捉え方である。

イスラエル建国宣言の中で、「イスラエルの贖い」という言葉が出てくる。贖いそのものが政治的な宗教から目覚めさせる効果を持っていたが、現在も聖書がユダヤの改編を免れることを難しいことが読み取れる。

旧約聖書の中でのことを特に『贖う方』と呼んでいるのは、イスラエルの民を奴隷状態から解放する神の働きを述べたものである。

新約聖書[編集]

新約聖書ではキリストの死によって、人間の罪が赦され、神との正しい関係に入ることを示した。主として以下の2語がある。

ἀπολυτρώσεως(アポリュトローシス)

代価を支払っての解放(redemption)を意味し、キリストの贖罪死により悪の力から救われることを指す。用例には

ローマの信徒への手紙3章24節「ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。」コリントの信徒への手紙一1章30節「神によってあなたがたはキリスト・イエスに結ばれ、このキリストは、わたしたちにとって神の知恵となり、義と聖と贖いとなられたのです。」

エフェソの信徒への手紙1章7節「わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。」

コロサイの信徒への手紙1章14節「わたしたちは、この御子によって、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。」

などがある。

λυτρόω(リュトロオー)

代価の支払いによって解放する意味。霊的な意味で贖い、善に向かわせる(redeem)と訳出される。

用例には以下のようなものがある。

テトスへの手紙2章14節「キリストがわたしたちのために御自身を献げられたのは、わたしたちをあらゆる不法から贖い出し、良い行いに熱心な民を御自分のものとして清めるためだったのです。」

ペトロの手紙一1章18-19節

「知ってのとおり、あなたがたが先祖伝来のむなしい生活から贖われたのは、金や銀のような朽ち果てるものにはよらず、きずや汚れのない小羊のようなキリストの尊い血によるのです。」[1][2][3]

クルアーン[編集]

イスラームにはカッファーラ(Kaffārah)という言葉がある。原意は「隠すこと」で、「罪を隠すこと」を経て「贖罪」という意味へと転じた。聖典・クルアーンにおいてカッファーラが義務付けられているものは、以下のようなものがある。ズィハール離婚(Q58章 2-4節)、過失致死(Q4章 92節)、誓約破り(Q5章 89節)[4]

脚注[編集]

  1. ^ 木田, 献一 (1995). 新共同訳聖書辞典. キリスト新聞社. p. 5-6 
  2. ^ ロングマン現代英英辞典〈4訂新版〉. 桐原書店. (2003) 
  3. ^ Thayer's Greek–English Lexicon of the New Testament. Harper&Brothers. (1889) 
  4. ^ 岩波イスラーム辞典「カッファーラ」

参考文献[編集]

関連項目[編集]