賈士毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
賈士毅
Jia Shiyi2.jpg
Who's Who in China 4th ed. (1931)
プロフィール
出生: 1887年1月27日
光緒13年正月初4日)
死去: 1965年民国54年)7月9日
 台湾台北市
出身地: 清の旗 江蘇省常州府宜興県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 賈士毅
簡体字 贾士毅
拼音 Jiǎ Shìyì
和名表記: か しき
発音転記: ジャー シーイー
ラテン字 Chia Shih-i
テンプレートを表示

賈 士毅(か しき)は、中華民国の財務官僚・経済学者・政治家。果伯。号は荊齋江蘇省常州府宜興県の人。

事績[編集]

北京政府時代の活動[編集]

1906年光緒32年)、無錫初級師範学校に入学し、翌年、上海法政講習所に進学した。1908年(光緒33年)、日本に留学し、最初に法政大学政治科に入学し、後に明治大学法政科に転入した。1911年宣統3年)に卒業・帰国して法科挙人となり、公立蘇州法政専科学校の教員となっている。[1][2][3]

1912年民国元年)、北京政府財政部財政討論会会員となり、後に江蘇省財政視察員に任ぜられた。翌年には、財政部国税庁籌備員、幣制委員会会員、編纂処主任に任ぜられた。同年9月、財政部庫蔵司司長も兼任し、11月に同部会計司司長に異動する。1914年(民国3年)2月、署理財政部参事となり、5月、財政部賦税司司長代理も兼ねた。1915年(民国4年)、全国官産処会弁を兼ねる一方で、私立民国大学や公立法政専科学校、財政講習所で講座を開いた。1920年(民国9年)10月、鎮江関監督となる。翌年、ワシントン会議に代表団専門員として随行した。[4][2][3]

国民政府時代の活動[編集]

その後、南方に移って国民政府側に転じる。1927年(民国16年)、上海銀行公会書記長に任ぜられ、4月には江蘇省政府委員に任ぜられた。8月、国民政府財政部賦税司司長兼塩務処長代理に任ぜられ、さらに国定税則委員会委員も兼ねている。また、国立中央大学、国立中央政治大学の経済系(経済学部)教授もつとめた。翌1928年(民国17年)、交通銀行監察人も兼ね、8月には第2期立法院立法委員に任ぜられている(第3期も連続就任)。1933年(民国22年)2月、湖北省政府委員兼財政庁庁長に任ぜられ、1938年(民国27年)6月までつとめた。[5][2][6]

1940年(民国29年)7月、財政部専門委員に任ぜられ、香港で職務に就き、『財政評論』社社長代理もつとめた。1943年(民国32年)1月、江蘇省政府委員兼財政庁庁長に任ぜられ、後に江蘇農民銀行董事長(理事長)も兼任した。1951年(民国40年)、台湾に移住し、台湾第一商業銀行董事、交通銀行監察人、逢甲学院董事などをつとめている。1965年(民国54年)7月9日、台北市にて病没。享年79(満78歳)。[5][2]

著作[編集]

  • 『民國財政經濟問題今昔觀』
  • 『國稅與國權』
  • 『民國財政史』
  • 『國債與銀行』
  • 『華會見聞錄』

他多数

[編集]

  1. ^ 徐主編(2007)、2184頁。
  2. ^ a b c d 劉主編(2005)、1909頁。
  3. ^ a b 東亜問題調査会編(1941)、33頁。
  4. ^ 徐主編(2007)、2184-2185頁。
  5. ^ a b 徐主編(2007)、2185頁。
  6. ^ 東亜問題調査会編(1941)、33-34頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』 団結出版社、2005年ISBN 7-80214-039-0
  • 東亜問題調査会編 『最新支那要人伝』 朝日新聞社1941年
  • Who's Who in China 4th ed. The China Weekly Review (Shanghai) , 1931.