貞観大噴火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
精進湖から望む大室山と富士山。富士山北西斜面から流れ出した大量の溶岩は大室山を抱き込む形で広がり、剗の海の大半を埋めた。現在の精進湖はこの溶岩流の上に乗った形である。
西湖。かつては剗の海の東端だった。

貞観大噴火(じょうがんだいふんか)とは、平安時代初期の864年貞観6年)から866年(貞観8年)にかけて発生した、富士山の大規模な噴火活動である。

この噴火は、山頂から北西に約10km離れた斜面で発生した大規模な割れ目噴火である。長尾山ほか2、3のスコリア丘を形成し、膨大な量の溶岩を噴出させた。噴出物の総量は約14億m3にも及び、溶岩流は北西山麓を広く覆い尽くした末に、北麓にあった広大な湖・剗の海(せのうみ)の大半を埋没させた。江戸時代中期の1707年宝永4年)に起きた宝永大噴火とともに、富士山の噴火災害の特異例として数え上げられ、文献記録に残る富士山噴火のうちで最大規模とも言われている[1]

なお、この噴火で埋没した剗の海の残片が現在の富士五湖のうちの2つ、西湖精進湖であり、溶岩流の上に1100年の時を経て再生した森林地帯が青木ヶ原樹海である。

時代背景[編集]

西暦864年(貞観6年)は、日本首都平城京から長岡京を経た末に平安京に落ち着いてちょうど70年目にあたる年である。朝廷では清和天皇の外祖父・藤原良房皇族以外で初の摂政に就任し、後の藤原北家繁栄の礎を築きつつあった。良房は2年後の866年(貞観8年)、応天門の変において伴善男を流罪に追い込み、その権勢を一層磐石とする。

古代の富士山噴火[編集]

一方、日本の古代史は1万 - 5000年前に開始されたとされる新富士火山の活発な活動期に当たる。当時の人々にとっては、富士山の山頂火口から立ち上る盛んな噴気のありさまは常識的な光景だった。奈良時代後期に成立した『万葉集』には、720年養老4年)頃東国に赴任していた高橋虫麻呂が富士山を讃えて詠んだ長歌が載せられ、歌の中に以下のような一節がある。

(前略)富士の高嶺は 天雲も い行きはばかり 飛ぶ鳥も 飛びものぼらず 燃ゆる火を 雪もち消ち 降る雪を 火もち消ちつつ(後略)

(富士の峰は流れる雲を遮り、鳥さえも飛び上がることはできない。燃え上がる火は雪で消され、降る雪は火で消されていく

— 高橋虫麻呂、万葉集

『万葉集』には、恋焦がれる胸中を富士山の噴気にたとえて詠み上げた歌が数多く見出されている。富士山では噴気活動のみならず噴火活動も頻発し、『続日本紀』の781年天応元年)の項には「富士山で灰が降り、山麓の草木が枯れた」との記録がある。平安時代の800年 - 802年延暦19年 - 21年)には延暦大噴火が発生。東側斜面に側火口の「西小富士」を形成し、鷹丸尾溶岩と檜丸尾第2溶岩を噴出した。さらに大量の降下火山灰により、当時の東海道だった足柄路が通行不能となっている[2]

繰り返される噴火災害を受け、朝廷では富士山に神位を捧げ、神を「懐柔」することで事態の沈静化を図っていた。

貞観噴火の推移[編集]

以下は、当時の歴史書『日本三代実録』の記述による。

富士郡正三位浅間大神大山火、其勢甚熾、焼山方一二許里。
光炎高二十許丈、大有声如雷、地震三度。歴十余日、火猶不滅。焦岩崩嶺、沙石如雨、煙雲鬱蒸、人不得近。大山西北、有本栖水海(みずうみ)、所焼岩石、流埋海中、遠三十許里、広三四許里、高二三許丈。火焔遂属甲斐国堺。

(※ここでいう1里は6=約650m。「〜許里」は「〜里ばかり」の意)

現代語訳
富士郡の正三位浅間大神大山が噴火した。その勢いは甚だ激しく、1、2里四方の山を焼き尽くした。火炎は20丈の高さに及び、大音響は雷のようで、大地震が3回あった。10日以上経過しても、火の勢いは未だ衰えない。岩を焦がし峰を崩し、砂や石が雨のように降る。煙や雲が鬱々と立ち込め、人は近づくことができない。富士山の西北にある本栖湖という湖に焼け石が流れ込んだ。焼け石の流れは長さ約30里、広さ3、4里、高さ2、3丈に及ぶ。やがて火は甲斐国との境に達した」
駿河国富士大山、忽有暴火、焼砕崗巒、草木焦殺。土鑠石流、埋八代郡本栖両水海。水熱如湯、魚鼈皆死。百姓居宅、与海共埋、或有宅無人、其数難記。両海以東、亦有水海、名曰河口海;火焔赴向河口海本栖等海。未焼埋之前、地大震動、雷電暴雨、雲霧晦冥、山野難弁、然後有此災異焉。
現代語訳
「駿河国の富士山が大噴火した。峰を焼き砕き、草木は焦がれ死ぬ。土や石くれが流れて、八代郡の本栖湖と剗の海を共に埋めた。湖水は熱湯になり、魚や亀の類は全滅してしまった。民家は湖と共に埋まり、残った家にも人影は無く、そのような例は数え上げることもできない。ふたつの湖の東には河口湖という湖があり、火はこの方角にも向かっている。湖が焼け埋まる前に大地震があり、雷と豪雨があり、雲や霧が立ち込めて暗闇に包まれ、山と野の区別もつかなくなった。しかる後に、このような災厄が訪れたのだ。」

8月、朝廷では甲斐国司に対して浅間神社の神を奉じて鎮謝するよう命じている。しかし貞観7年(865年)年末の記録に「災異いまだ止まず」とあることから、この時期まで2年間に渡り、噴火活動が継続していたことが伺える。

他の自然災害との関連[編集]

貞観大噴火の5年後、貞観11年(869年)には東北地方貞観地震が発生した。陸奥国多賀城下には津波が襲来し、仙台平野は海岸線から3 - 4kmに渡って水没した。『日本三代実録』によれば、1000人が溺死したという。

青木ヶ原溶岩流[編集]

貞観大噴火の折、いくつもの火口から別々に噴出した溶岩流を、総称して「青木ヶ原溶岩流」と呼ぶ。溶岩流は富士山北麓の大森林地帯を焼き払いつつ流れ下る際に多くの溶岩洞溶岩樹型を形成した。それらの一例が現在の鳴沢氷穴鳴沢熔岩樹型西湖蝙蝠穴である。森林地帯を埋め尽くした溶岩流は剗の海に至り、最大深度100mはあったと推測される湖の大半を埋め尽くした。その後、溶岩流の上には1100年の時を経て植生が回復し、ハリモミなどの針葉樹を中心とした原生林・青木ヶ原樹海が生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ 古記録と噴火堆積物から見た富士山貞観噴火の推移
  2. ^ 富士山延暦噴火の謎と『宮下文書』

関連項目[編集]

参考図書[編集]

外部リンク[編集]