貝塚茂樹 (教育学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

貝塚 茂樹(かいづか しげき、1963年6月18日[1] - )は、日本教育学者武蔵野大学教授放送大学客員教授。公益社団法人日本弘道会参与。専攻は日本教育史道徳教育論。

経歴[編集]

1963年茨城県生まれ。1989年東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了、1993年筑波大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学、筑波大学助手、1996年国立教育研究所研究員、1998年同主任研究官、2001年国立教育政策研究所主任研究官、2003年武蔵野大学教育学部助教授、2007年教授[2]。2004年筑波大学博士(教育学)。論文の題名は「戦後教育改革期における道徳教育問題の史的展開に関する研究」[3]

日本道徳教育学会副会長・事務局長。文部科学省の「道徳教育の充実に関する懇談会」委員、中央教育審議会専門委員、中央教育審議会教育課程部会「考える道徳への転換に向けたワーキンググループ」委員、「日本道徳教育学会」編集委員長[4]等を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『戦後教育改革と道徳教育問題』(日本図書センター、2001年)
  • 『戦後教育のなかの道徳・宗教』(文化書房博文社、2003年)
  • 『戦後教育のなかの道徳・宗教<増補版>』(文化書房博文社、2006年)
  • 『戦後教育は変われるのか ―「思考停止」からの脱却をめざして』(学術出版会、2008年)
  • 『道徳教育の教科書』(学術出版会、2009年)
  • 『教えることのすすめ ―教師・道徳・愛国心』(明治図書、2010年)
  • 『道徳教育の取扱説明書 ―教科化の必要性を考える』(学術出版会、2012年)
  • 『戦後道徳教育の再考―天野貞祐とその時代』(文化書房博文社、2013年)
  • 『道徳の教科化―[戦後70年]の対立を超えて』(文化書房博文社、2015年)
  • 『天野貞祐―道理を信じ、道理に生きる』(ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉、2017年)
  • 『戦後日本教育史』(放送大学教育振興会、2018年)
  • 『戦後日本と道徳教育ー教科化・教育勅語・愛国心』(ミネルヴァ書房、2020年)
  • 『新時代の道徳教育ー「考え、議論するための15章」』(ミネルヴァ書房、2020年)

共編著・監修[編集]

  • 『学校教育とカリキュラム』山田恵吾,藤田祐介共著 文化書房博文社 2003
  • 『戦後道徳教育文献資料集』監修(全36巻)(別冊3)(日本図書センター、2003年~2004年)
  • 『日本の宗教教育と宗教文化』杉原誠四郎,大崎素史共著 文化書房博文社 2004
  • 『文献選集≪愛国心と教育≫』(全13巻)市川昭午共監修(日本図書センター、2004年)
  • 『教育史からみる学校・教師・人間像』山田恵吾共編著 梓出版社 2005
  • 『人間形成』(全10巻)(日本図書センター、2007年)
  • 『教育学の教科書―教育を考えるための12章』山田恵吾と共編著(文化書房博文社、2008年)
  • 『資料で読む 戦後日本と愛国心』(全3巻)市川昭午と共編著(日本図書センター、2008年~2009年)
  • 『教育における「政治的中立」の誕生 「教育二法」成立過程の研究』藤田祐介共著 (ミネルヴァ書房 2011年)
  • 『文献資料集成 日本道徳教育論争史』監修(全15巻)(日本図書センター、2013年~2015年)
  • 『道徳の時代がきた! 道徳教科化への提言』押谷由夫,柳沼良太編著 西野真由美,関根明伸,松本美奈共著 (教育出版、 2013年)
  • 『学校で教えたい日本の偉人』柳沼良太と共編(育鵬社、2014年)
  • 『日本の教育文化史を学ぶ』山田恵吾編(ミネルヴァ書房、2014年)
  • 『道徳教育を学ぶための重要項目100』関根明伸と共編(教育出版 2016年)
  • 『道徳の時代をつくる! 道徳教科化への始動』押谷由夫,柳沼良太編著 新井浅浩,関根明伸,西野真由美,松本美奈共著( 教育出版 2014年)
  • 『「考え、議論する道徳」の指導法と評価』西野真由美、鈴木明雄と共編著(教育出版、2017年)
  • 『「考え、議論する道徳」を実現する!』(図書文化、2017年)
  • 『教育課程を学ぶ』山田恵吾、関根明伸、藤田祐介と共著( ミネルヴァ書房、2019年)
  • 『新訂 道徳教育の理念と実践』西野真由美編(放送大学教育振興会、2020年)
  • 『教育の歴史と思想』広岡義之と共編著( ミネルヴァ書房、2020年)
  • 『道徳教育の理論と方法』走井洋一編(ミネルヴァ書房、2020年)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.308
  2. ^ J-GLOBAL
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 2013/6/23「総会において新役員が承認されました」http://doutoku-gakkai.sakura.ne.jp/2013sosiki.pdf