豪州資格フレームワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Australian Qualifications Framework
位置
親組織 連邦政府産業省
ウェブサイト aqf.edu.au

オーストラリア資格フレームワーク(Australian Qualifications Framework、AQF)は、オーストラリアの教育水準認定機関であり、連邦政府産業省の管轄下にある。国内の高校、専門学校、大学、大学院などで取得できる資格について、その互換性が定義されている[1]。各国における国家資格フレームワーク制度(NQF)のひとつに認定されている。

AQFは水準を定めるのみであり、教育機関の認可はそれぞれ連邦政府や州の機関が行っている[1][2]

AQFレベル[編集]

資格の枠組みは以下に定められている[3]

フレームワーク
AQFレベル 認定 所要年数
レベル10 博士レベル 3-4年間
レベル9
  • 3-4年
  • 1-2年
  • 1-2年
レベル8
  • 1-2年
  • 6ヶ月-1年
  • 1年
レベル7 学士 3-4年
レベル6
  • 1.5-2年
  • 1.5-2年
レベル5 ディプロマ (Diploma) 1-2年
レベル4 サーティフィケート IV 1年
レベル3 サーティフィケート III 6ヶ月
レベル2 サーティフィケート II
レベル1 サーティフィケート I

脚注[編集]

  1. ^ a b 大学の設置形態に関する調査研究 (Report). 国立大学財務・経営センター. (2010-09). 第7章 オーストラリアの高等教育制度と大学の設置形態. http://www.zam.go.jp/n00/n000i007.htm. 
  2. ^ Australian Qualifications Framework. Second Edition 2013.
  3. ^ Australian Qualifications Framework. Second Edition 2013. P11

関連項目[編集]

外部リンク[編集]