象限儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
象限儀

象限儀(しょうげんぎ、quadrant)とは、測量機器のひとつ。の4分の1の扇形をしていることから四分儀(しぶんぎ)とも称される。

測量のほか航海などに使われ、円の4分の1の扇形をした目盛りのついた定規望遠鏡がつき、天体を観測しながら現在地の緯度を割りだした。

関連項目[編集]