象山記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 象山記念館
Zozan Memorial Hall
Zozan Memorial Hall.jpg
施設情報
正式名称 象山記念館[1]
専門分野 佐久間象山通信郵便
事業主体 長野市
管理運営 長野市教育委員会
開館 1965年昭和40年)
所在地 381-1231
長野県長野市松代町松代1446-6
位置 北緯36度33分32.5秒 東経138度11分51.9秒 / 北緯36.559028度 東経138.197750度 / 36.559028; 138.197750座標: 北緯36度33分32.5秒 東経138度11分51.9秒 / 北緯36.559028度 東経138.197750度 / 36.559028; 138.197750
アクセス 当該項目参照
外部リンク 象山記念館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

北緯36度33分32.5秒 東経138度11分51.9秒 / 北緯36.559028度 東経138.197750度 / 36.559028; 138.197750

象山記念館(ぞうざんきねんかん)は、長野県長野市松代町にある佐久間象山の遺品・発明品等を収蔵する博物館

象山が日本初の電信実験を行ったことから、松代通信資料館を併設している。

概要[編集]

松代藩士の思想家・佐久間象山没100年目にあたる1964年昭和39年)、地元有志により「象山先生100年祭奉賛会」が設立され、翌年に同会により開かれたのがこの記念館である。1967年(昭和42年)に長野市に譲渡され、市営施設となっている。

象山の名は「しょうざん」と読まれるのが一般的だが、地元においては「ぞうざん」と呼び習わされている。この2通りの読み方のどちらが正しいかについては論争があるところだが、記念館の名前については地元で親しまれてきた「ぞうざん」を採用している。

記念館では象山の愛用品やのほか、学問を究める中で様々な実験発明を行った象山による発明品も展示されている。また、1849年嘉永2年)に象山がこの地で日本初の電信実験を行ったことや、小松謙次郎樋畑雪湖ら日本の通信郵便事業の発展に貢献した人物を松代町から輩出していることから、通信・郵便関連の資料も取り扱っている。

沿革[編集]

展示[編集]

  • 旧館展示室
    • 佐久間象山の業績
  • 新館展示室
    • 佐久間象山の書画・印章など
  • 二階展示室(松代通信資料館)
    • 通信・郵便に関する資料

営業[編集]

開館時間
9:00〜17:00
休館日
  • 火曜日(祝日は開館)
  • 燻蒸期間
入館料
  • 一般 - 250円
  • 小・中学生 - 100円

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『信州の博物館』 朝日新聞長野支局、1983年
  • 『長野県の博物館』 長野県教育委員会 1989年    

外部リンク[編集]