豊鉄観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊鉄観光バス株式会社
Toyotetsu Kanko Bus Co., Ltd.
豊鉄観光.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
441-8144
愛知県豊橋市磯辺下地町字東坪51
北緯34度43分2.4秒
東経137度22分8秒
座標: 北緯34度43分2.4秒 東経137度22分8秒
設立 1957年昭和32年)12月17日
業種 陸運業
法人番号 8180301007033 ウィキデータを編集
事業内容 一般貸切旅客自動車運送事業
旅行業
代表者 取締役社長 竹内是行
資本金 2,250万円
従業員数 95人(2011年現在)
主要株主 豊橋鉄道 100%
外部リンク https://www.toyotetsu.com/kankobus/
特記事項:設立は(旧)豊鉄商事として
テンプレートを表示

豊鉄観光バス株式会社(とよてつかんこうバス)は、愛知県豊橋市に本社を置く豊橋鉄道グループの会社で、貸切バスを運行している。

沿革[編集]

  • 1954年8月6日 - 豊橋観光自動車設立。
  • 1957年12月17日 - 豊鉄商事(現在の会社の母体)を設立。
  • 1964年3月18日 - 豊川観光自動車設立。
  • 1980年7月29日 - 豊鉄商事が「豊鉄観光サービス」と社名変更し、旅行業を専門とする。
  • 2001年10月1日 - 豊鉄観光サービスと豊橋観光旅行会が合併。これによりツアーの商品名が豊鉄の「ハニット」と豊観の「アゼリア」を合わせた「ハニット・アゼリアツアー」と変更される。
  • 2002年1月1日 - 豊橋鉄道の貸切バス部門と豊橋観光が合併し、「豊鉄観光バス」を設立。また豊川観光バスは「豊鉄ミディバス」に社名変更した上で、大型貸切バス事業を豊鉄観光バスに移管。
  • 2004年7月1日 - 豊鉄観光バスと豊鉄観光サービスが合併し「豊鉄観光」となる。なお社内カンパニー制を採用し、合併後もサービス名はそれぞれ引き継がれた。
  • 2011年8月19日 - 旅行部門が「豊鉄観光サービス株式会社」として再分離され、旧・豊鉄観光は「豊鉄観光バス株式会社」に社名変更。

観光バス車両について[編集]

過去の車両

大半が三菱ふそう製だが、日野・セレガも若干数を導入している。またカラーリングも合併前の各バス会社のものをそのまま使用したものや、合併後に導入したものまで様々な種類がある。

外部リンク[編集]