豊野駅 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊野駅
とよの
TOYONO
寝屋川市 (0.4km)
(2.3km) 香里園*
所在地 大阪府寝屋川市豊野町
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 京阪本線
キロ程 15.4km(淀屋橋起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1922年大正11年)3月23日
廃止年月日 1963年昭和38年)5月15日
テンプレートを表示

豊野駅(とよのえき)は、かつて大阪府寝屋川市豊野町に存在した京阪電気鉄道京阪本線鉄道駅である。

駅概要[編集]

京阪が沿線の運動施設として建設した「京阪グラウンド」への最寄駅として1922年大正11年)3月に寝屋川駅(現・寝屋川市駅)と香里駅(現・香里園駅)の間、当時の大阪府北河内郡豊野村に「運動場前駅」という名称の臨時駅として設置したのが最初である[1]。同年11月に常設駅となった。

1942年昭和17年)に京阪グラウンドが利用率の低下で閉鎖され、跡地は宅地となった(現在の豊野団地)ことから1943年(昭和18年)に駅名も地名から付けられた「豊野駅」と変更された。

駅構造は島式ホーム2面4線。待避線も設置され、本駅折り返しの大阪方面列車も設定されていた。規模は寝屋川市駅より大きく、利用者も同駅より多かったという[2]

1963年(昭和38年)、京阪本線が淀屋橋延長直後に寝屋川市駅がそれまでの位置から京都寄りに移設された際、本駅と機能を統合する形で廃止され、待避線は香里園駅に設置された。

駅跡付近は寝屋川市駅方向からの高架部の終了部分であり、現在は上り線の線路脇に撤去されたホームの敷地が一部わかる程度となっている。

近隣施設[編集]

歴史[編集]

  • 1922年大正11年)
    • 3月23日 - 臨時駅「運動場前駅」として設置[3]
    • 11月12日 - 常設駅となる[3]
  • 1943年(昭和18年)
    • 1月20日 - 「豊野駅」に名称変更[3]
    • 10月1日 - 京阪電気鉄道が阪神急行電鉄と合併して京阪神急行電鉄となり、同社線の駅となる。
  • 1945年(昭和20年)9月15日 - 輸送復旧のため駅の使用を中止[3]
  • 1947年(昭和22年)2月5日 - 臨時に旅客の取り扱いを開始。
  • 1948年(昭和23年)5月15日 - 駅改築[3]
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 会社分離により、再び京阪電気鉄道の駅となる。
  • 1963年(昭和38年)
    • 5月2日 - 1番線使用停止[3]
    • 5月15日 - 寝屋川市駅と統合する形で廃駅となる。

隣の駅[編集]

廃止当時の状態を記す。

京阪電気鉄道
京阪本線
寝屋川市駅 - 豊野駅 - 香里園駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寝屋川市のウェブサイト(寝屋川市の歴史)には設置当時は「グラウンド前」という駅名であったと記されているが、京阪の社史『鉄路五十年』(1960年)や『京阪70年のあゆみ』(1980年)ではいずれも設置当初から「運動場前駅」であったと記している。
  2. ^ 「広報ねやがわ」2008年10月15日号「懐かしき寝屋川の風景」
  3. ^ a b c d e f 出典元・京阪電気鉄道開業100周年記念誌「京阪百年のあゆみ」(2011年3月24日刊)資料編139頁