豊田裕貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊田裕貴(とよだ ゆうき、1970年 - )は、日本の統計学・経営学者、法政大学教授。

略歴[編集]

神奈川県生まれ。法政大学経営学部卒業、2003年同大学院社会学研究科博士課程満期退学、2004年「ブランド連想データの新たな分析方法の構築 ブランド知識の測定・分析とブランド・マネジメントへの応用」で経営学博士[1]。リサーチ会社、シンクタンクの研究員、2004年多摩大学経営情報学部マネジメントデザイン学科助教授をへて、2015年法政大学経営大学院イノベーション・ マネジメント研究科教授。より実践的で実用的なマーケティング( とくにブランドマネジメントが専門)の研究・普及に努めている[2]

著書[編集]

  • 『現場で使える統計学』阪急コミュニケーションズ 2006
  • 『知識ゼロからのビジネス統計学入門』幻冬舎 2010
  • 『ブランドポジショニングの理論と実践』講談社 2013
  • 『マーケティングってそういうことだったの!?』あさ出版 2013
  • 『これだけ!ビジネス理論 今に活かすべき知識の断片を体系立てたらこうなった』すばる舎リンケージ 2014
  • 『すぐやってみたくなる!データ分析がぐるっとわかる本』すばる舎 2014
  • 『Excelでデータ分析即戦力講座 これ一冊で完璧!』秀和システム 2016
  • 『Rによるデータ駆動マーケティング』オーム社 2017
  • 『Excel分析ツール完全詳解』秀和システム 2017

共編著・監修[編集]

  • 『テキストマイニングによるマーケティング調査』上田隆穂,黒岩祥太,戸谷圭子共編 講談社 2005
  • 『知識ゼロからの売れる消費者心理学』坂本和子共著 幻冬舎 2011
  • 『特許情報のテキストマイニング 技術経営のパラダイム転換』菰田文男共編著. ミネルヴァ書房 2011
  • 『マンガでわかるビジネスを成功に導くデータ分析 Excel対応』監修. ナツメ社 2016
  • 『Excelで学ぶビジネスデータ分析の基礎』玄場公規,湊宣明共著. オデッセイコミュニケーションズ 2016

論文[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]