豊田式木製人力織機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊田式木製人力織機(静岡県湖西市・豊田佐吉記念館

豊田式木製人力織機(とよたしきもくせいじんりきしょっき)は、豊田佐吉1891年明治24年)に初めて特許を取得した人力織機である。

解説[編集]

両手を使うバッタン織機に改良を加え、筬框(おさかまち)を片手で前後に動かすことによって、杼(ひ)を飛ばすことと緯糸を打ちこむことが同時に可能となった。この織機によって織布の生産性が4、5割上昇したという。

織物の町である愛知県一宮市でバッタン織機を参考にして改良した。稲沢市の下津で試作研究していた。

竹筬の加工精度が0.02mm以内という厳しい条件であるなど、佐吉の技能の高さがうかがえる[1]

トヨタ自動車では実機を計測したデータを元に、木型職人の剣持正光が複製を作成しており、トヨタ産業技術記念館で実演用として展示されている[1][2]

2007年平成19年)には1986年に作成されたトヨタ産業技術記念館に所蔵される複製品が近代化産業遺産に認定された[3]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b CORPORATION, TOYOTA MOTOR. “特集|「日本のクルマづくりを支える職人たち」第1回 木型職人 剣持正光 |トヨタイムズ” (日本語). トヨタイムズ. 2021年8月2日閲覧。
  2. ^ 織機技術の発展”. トヨタ産業技術記念館. 2021年8月2日閲覧。
  3. ^ 近代化産業遺産認定リスト経済産業省、地域活性化のための「近代化産業遺産群33」の公表について)

リンク[編集]