豊橋市自然史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 豊橋市自然史博物館
Toyohashi Museum of Natural History
Nonhoi park1.jpg
豊橋市自然史博物館の位置(愛知県内)
豊橋市自然史博物館
愛知県内の位置
施設情報
専門分野 自然史
研究職員 8名
事業主体 豊橋市
管理運営 豊橋市
延床面積 6,984m2
開館 1988年5月1日
所在地 441-3147
愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
位置 北緯34度43分16.1秒 東経137度25分55.6秒 / 北緯34.721139度 東経137.432111度 / 34.721139; 137.432111座標: 北緯34度43分16.1秒 東経137度25分55.6秒 / 北緯34.721139度 東経137.432111度 / 34.721139; 137.432111
外部リンク 豊橋市自然史博物館
プロジェクト:GLAM

豊橋市自然史博物館(とよはしししぜんしはくぶつかん)は、豊橋市豊橋総合動植物公園内にある自然史系博物館。地球誕生から現在にいたる生物の進化と、郷土の自然について学べる。エドモントサウルスの実物1体を含む12体の恐竜全身骨格が見られる。

概要[編集]

1983年に豊橋市はアメリカデンバー自然史博物館(現デンバー自然科学博物館en))と友好提携を結び、植物食恐竜、エドモントサウルス・アネクテンスの化石を購入した。それを目玉展示物として市制施行80周年記念事業として自然史博物館が建設され、1988年に開館した。建物は、昭和63年度「第20回中部建築賞」を受賞している[1]1992年に自然史博物館、動物園、遊園地の敷地・設備が整備され、全体として豊橋総合動植物公園となった。[2][3][4]

展示において高いところは大人向け、低いところは子供向けの展示を行う「二段展示」が取り入れられている。[5][6]

施設[編集]

常設展示として古生代展示室、中生代展示室、エドモントサウルス展示室、新生代展示室、ガラパゴス物語展示室、郷土の自然展示室がある。特別企画展示室では、年に1回の特別企画展が開催されるほか、それ以外の期間は大型映像が上映される。博物館前の広場は野外恐竜ランドとなっており、実物大の恐竜模型が10体ある。[7]

附属施設として、石巻山の中腹に豊橋市石巻自然科学資料館がある。[8]

資料[編集]

古生物部門62,419点、岩石・鉱物部門8,023点、植物部門34,336点、動物部門421,680点を収集保管している(2016年3月31日現在)。[9]

利用について[編集]

開館時間
9時00分 - 16時30分(入館は16時まで)[10]
休館日
毎週月曜日(その日が祝日および振替え休日の場合は翌平日)
12月29日 - 1月1日[10]
料金(豊橋総合動植物公園の入園料として)
大人 600円
小・中学生 100円(未就学児は無料)
大型映像及び特別企画展の観覧料は別途[10]

交通アクセス[編集]

  • JR東海道本線二川駅(豊橋総合動植物公園東門まで徒歩約6分)
  • 国道1号動植物園入口交差点(豊橋市大岩町)より南へ 駐車場(1,650台、普通車200円)
  • 豊橋市中心部からは約6キロで車で10分、浜松市中心部からは約35キロで車で50分

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和63年度 第20回中部建築賞 入選作品 (PDF)”. 一般財団法人東海建築文化センター. 2018年4月29日閲覧。
  2. ^ 博物館概要”. 豊橋市自然史博物館. 2018年4月29日閲覧。
  3. ^ 松岡敬二ほか 『豊橋市自然史博物館展示解説』 豊橋市自然史博物館、71頁、2017年3月20日。
  4. ^ 豊橋市自然史博物館(吉川博章、加藤千茶子)編 『豊橋市自然史博物館開館20周年記念シンポジウム「復元-恐竜のすがたにせまる-」報告書』 豊橋市自然史博物館、39頁、2008年12月26日。「復元-恐竜のすがたにせまる-」報告書
  5. ^ 古生代展示室”. 豊橋市自然史博物館. 2018年4月29日閲覧。
  6. ^ 松岡敬二 「博物館と生涯学習」 『展示論―博物館の展示をつくる』 日本展示学会編、雄山閣、2010年7月20日、166〜169頁。ISBN 978-4-639-02149-0
  7. ^ 展示案内”. 豊橋市自然史博物館. 2018年4月29日閲覧。
  8. ^ 豊橋市石巻自然科学資料館”. 豊橋市自然史博物館. 2018年4月29日閲覧。
  9. ^ 収蔵資料”. 豊橋市自然史博物館. 2018年4月29日閲覧。
  10. ^ a b c 来館案内(交通・開館時間など)”. 豊橋市自然史博物館. 2018年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]