豊嶌雅男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊嶌 雅男 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 豊嶌 雅男
本名 西村 雅男
愛称 重戦車
焼夷弾に焼かれた双葉キラー
生年月日 1919年12月23日
没年月日 (1945-03-10) 1945年3月10日(満25歳没)
出身 大阪府大阪市
身長 167cm
体重 126kg
BMI 45.18
所属部屋 出羽海部屋
得意技 突き、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 112勝65敗(17場所)
幕内戦歴 61勝49敗(8場所)
データ
初土俵 1937年5月場所
入幕 1941年5月場所
引退 1944年11月場所
備考
金星2個(双葉山定次
2013年7月1日現在

豊嶌 雅男(とよしま まさお、1919年12月23日 - 1945年3月10日)は、大阪府大阪市出身の元大相撲力士。本名は西村 雅男(にしむら まさお)。

来歴[編集]

興國商業学校時代は柔道で鳴らし、1937年5月場所に出羽海部屋から初土俵を踏む。1941年5月場所で新入幕を果たすと、この場所では11勝4敗の好成績を挙げる。1942年1月場所には双葉山定次から金星を獲得して10勝5敗、その後も勝ち越しを続け、関脇に昇進した。安藝ノ海節男に続く出羽海部屋一門の有望株として期待されたほか、突き押し一途の取り口が戦時中の社会情勢とも合致したため、人気力士として名が挙がるほどであった。このように双葉山定次には2勝5敗と善戦したが、羽黒山政司には6連敗と全く勝てず、佐賀ノ花勝巳にも1勝6敗と苦戦と波のある成績が原因で関脇止まりであった。それでも彼が後述の通り25歳の若さで東京大空襲の犠牲にならなければ将来は横綱にもなれただろうと、先輩の安藝ノ海は後に語っていた。

1944年11月場所には再び双葉山定次に勝って2度目の金星を挙げたが、これが最後の華となった。翌年、彼は不幸にも1945年3月10日東京大空襲で被災し、現在の隅田川沿いの東武スカイツリーラインの鉄橋下で、焼けた両腕で岸辺に掴まったままの姿で焼死体となって発見された。25歳没。なお、この空襲では枩浦潟達也岩友、出羽海部屋所属の床山2名も大相撲関係の犠牲者となった。

主な成績[編集]

  • 通算成績:112勝65敗 勝率.633
  • 幕内成績:61勝49敗 勝率.555
  • 現役在位:17場所
  • 幕内在位:8場所
  • 三役在位:4場所(関脇1場所、小結3場所)
  • 金星:2個(双葉山定次

場所別成績[編集]

                  

豊島雅男
春場所 夏場所 秋場所
1937年
(昭和12年)
x (前相撲) x
1938年
(昭和13年)
東 序ノ口 #30
3–4
 
東 序二段 #41
6–1
 
x
1939年
(昭和14年)
東 三段目 #43
7–0
 
東 幕下 #39
7–1
 
x
1940年
(昭和15年)
西 幕下 #7
5–3
 
東 十両 #15
10–5
 
x
1941年
(昭和16年)
西 十両 #3
13–2
 
東 前頭 #16
11–4
 
x
1942年
(昭和17年)
西 前頭 #5
10–5
西 小結
8–7
 
x
1943年
(昭和18年)
東 小結
10–5
 
西 関脇
6–9
 
x
1944年
(昭和19年)
東 前頭 #2
10–5
 
西 小結
1–9
 
西 前頭 #4
5–5
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1945年3月10日の東京大空襲で戦災死

関連項目[編集]