豊国神社 (小松島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊国神社

Toyokuni shrine, Komatsushima, Tokushima.jpg

所在地 徳島県小松島市中郷町豊ノ本4
位置 北緯34度0分45.1秒
東経134度34分25.2秒
座標: 北緯34度0分45.1秒 東経134度34分25.2秒
主祭神 豊臣秀吉
社格 式内社
創建 1614年慶長19年)
地図
豊国神社の位置(徳島県内)
豊国神社
豊国神社
豊国神社の位置(日本内)
豊国神社
豊国神社
テンプレートを表示

豊国神社(とよくにじんじゃ)は、徳島県小松島市中郷町に鎮座する神社である。

歴史[編集]

1614年慶長19年)に創建。別当として豊林寺も造営された。豊臣秀吉の死後、蜂須賀家政蜂須賀至鎮豊臣秀頼より拝領した『木造 豊太閤像』(非公開)を神体としている。

創建当時は壮大な大社であったが、徳島藩主・蜂須賀光隆江戸幕府徳川家をはばかったため、取り壊しが行われた。正保年間には豊林寺が廃寺となる。その後、豊国大明神、日吉大明神、日吉宮と改称され、明治に入って以降、周辺の氏子によって豊国神社の名に戻し再興された。

境内には式内社の御縣神社が鎮座、宮方神社とも呼ばれる。

祭神[編集]

  • 豊臣秀吉
    • ご神体の『木造 豊太閤像』は秀吉死後に配られた百体のうち、唯一現存すると言われている。

境内社[編集]

御縣神社

交通[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]