豊前海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豊前海(ぶぜんかい)は、福岡県東部沿岸から大分県北部沿岸にかけて広がる周防灘南部海域の俗称[注釈 1]

概要[編集]

豊前海沿岸は遠浅の海岸で、潮の干満の差が大きいため、広大な干潟が発達しており、有明海八代海とともに日本三大干潟のひとつに数えられることもある[1]植物プランクトンに富むため、クルマエビガザミシャココチなどの好漁場となっている。

福岡県側ではカキ行橋市)や海苔豊前市吉富町)の養殖が盛んであり、行橋市および築上町アサリの産地である。カキや海苔は「豊前海一粒かき」、「豊前のり」として市場に出荷される。また、北九州市小倉南区曽根干潟は貴重な野鳥が飛来することで知られており、貴重な自然が残されている日本でも数少ない干潟である。

大分県側の中津市宇佐市豊後高田市を中心とする海岸には、中津干潟和間海岸などの干潟があり、絶滅が危惧されるカブトガニや、アオギス、日本在来種のハマグリなどの希少な生物が生息している。

注釈[編集]

  1. ^ 豊前国北部の沿岸海域に当たる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]