豆しとぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豆しとぎ(まめしとぎ)とは青森県三八上北地方及び岩手県北部にある、潰した米粉砂糖等を混ぜて作った郷土菓子

概要[編集]

江戸時代八戸藩政期から食されており、ハレの日に山の神・農神へお供えするハレ食として作られた。同類の食物として米が収穫できない地域で「(ひえ)しとぎ」が作られることもあった。[1]

なお、青森県津軽地方では「しとぎ餅」があるが、これは米粉(上新粉)の餅にあんこが入った平たい郷土菓子であり、全く異なるものである。この違いは米が比較的収穫できた津軽地方やませ(東からの冷風)により、米の収穫が少ない三八地方の事情が大きく影響したためと考えられている。[2]

大豆を収穫する秋に作られ主に青大豆が使用されるのが一般的ではあるが、黒豆、茶豆、だだちゃ豆を使用する場合もある。 かつては12月から3月までの寒い時期に作られるのが一般的であったが、現在は通年で土産品として購入することが可能である。

作り方[編集]

大豆を一晩水につけて、固めに茹でて臼で挽き、米粉・大豆の煮汁・砂糖を混ぜてかまぼこの形に整える。 生菓子であるため、保存する場合は冷凍するなどの注意が必要である。

参考文献[編集]

  • 『新編八戸市史 民俗編』(2010年八戸市)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ *『新編八戸市史 民俗編』(2010年)295P「シトギ」
  2. ^ 「北奥羽コナモン再発見 粉食文化とくらし」デーリー東北2012年10月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]