谷川房信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷川 房信(たにがわ ふさのぶ、生没年不詳)とは、江戸時代初期の浮世絵師

来歴[編集]

師系不詳。寛延1748年1751年)頃、細判の紅摺絵を残している。代表作として「湯上り福女」があげられる。版元は奥村屋であった。

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、1987年