谷多喜磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

谷 多喜磨(たに たきま、1884年明治17年)8月 - 1952年昭和27年)4月2日[1])は、朝鮮総督府官僚実業家

経歴[編集]

佐賀県出身。1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学を卒業し、高等文官試験に合格した[2]統監府判事となった後、朝鮮総督府事務官に転じ、忠清北道財務部長、黄海道財務部長、忠清南道財務部長、農商工部水産課長、江原道内務部長、京城府尹、平安北道知事を歴任し、1929年(昭和4年)に慶尚南道知事に就任した[2]

退官後は、朝鮮火災海上保険株式会社社長、朝鮮信託株式会社社長、漢江水力電気株式会社社長、朝鮮漁業組合中央会会長を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1952年4月4日夕刊、2頁。
  2. ^ a b 大衆人事録 1930.
  3. ^ 人事興信録 1943.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年