谷地頭温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 谷地頭温泉
Yachigashira spa 2011.JPG
2011年当時の外観。2013年の民営化後は「市営」の2文字が外されている
温泉情報
所在地

北海道函館市谷地頭町

谷地頭温泉の位置(北海道内)
谷地頭温泉
谷地頭温泉
北海道地図
座標 北緯41度45分6.7秒 東経140度42分51.3秒 / 北緯41.751861度 東経140.714250度 / 41.751861; 140.714250座標: 北緯41度45分6.7秒 東経140度42分51.3秒 / 北緯41.751861度 東経140.714250度 / 41.751861; 140.714250
交通 函館市電谷地頭停留場下車、徒歩約5分
泉質 ナトリウム・塩化物泉
泉温(摂氏 65.1 °C
湧出量 330リットル(毎分)
pH 6.4
液性の分類 中性
浸透圧の分類 高張性
テンプレートを表示

谷地頭温泉(やちがしらおんせん)は、北海道函館市谷地頭町にある温泉

泉質[編集]

施設[編集]

函館山の東側山麓に、広い内風呂と露天風呂を備え、源泉掛け流し日帰り入浴施設「谷地頭温泉」が存在する[2]

かつては温泉旅館も存在していたが、1990年(平成2年)ごろ[3]2018年(平成30年)[4]にそれぞれ閉館。ほか、宿泊施設と老人ホームを兼ね備えた厚生年金ハートピア函館も存在したが、民間への売却後は有料老人ホームの「フルールハピネスはこだて」となっている。

歴史[編集]

1878年明治11年)の函館大火のあと、当時湿地帯であった谷地頭地区が宅地造成され、1881年(明治14年)竣工、翌1882年(明治15年)、事業家の勝田銀蔵によって温泉掘削が行われ営業した。1883年(明治16年)9月の「函館新聞」には、「谷地かしら公園抔へ散歩の人も多く浅田屋の七色・柳川の蕎麦を当込む女連中もあれば勝田の温泉に浴する人も多く」とある。その後、1951年昭和26年)、函館市水道局(現、函館市企業局上下水道部)がボーリングを実施して、源泉開発が行われ、1953年(昭和28年)2月16日に市営谷地頭温泉として開業した。函館市企業局上下水道部#歴史も参照

市営の日帰り入浴施設は1998年平成10年)に改築された。2013年(平成25年)4月1日に市から株式会社ケーケーエム[5]に建物等が売却され、民営となる[6]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 泉質は館内掲示の温泉分析書(平成20年付)による
  2. ^ 谷地頭温泉”. はこぶら. 函館市観光部. 2021年3月3日閲覧。
  3. ^ 初代 勝田弥吉・勝田鑛蔵〜函館ゆかりの人物伝”. 函館市文化・スポーツ振興財団. 2021年3月3日閲覧。
  4. ^ 谷地頭の温泉旅館「池の端」が破産、負債8000万円”. 函館新聞 (2018年7月31日). 2021年3月3日閲覧。
  5. ^ 同社は市内の昭和温泉(2002年開業)、山の手温泉(2006年開業)の経営も行っている。
  6. ^ 谷地頭温泉売却へ 市内業者に候補決定”. e-HAKODATE (2012年9月26日). 2021年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]