護佐丸・阿麻和利の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

護佐丸・阿麻和利の乱(ごさまる・あまわりのらん)は、1458年尚泰久王治世下の第一尚氏王統琉球王国で発生した内乱

概要[編集]

尚金福王の後継者争いである志魯・布里の乱は、双方の当事者である王世子・志魯と王弟・布里が落命して終わったが、そのため乱後に第6代王に即位した尚泰久王の権力基盤は不安定で、護佐丸阿麻和利をはじめとする地方の有力按司がせめぎ合っていた。

正史などによると、勝連城の按司であった阿麻和利は首里城を陥落させ王位に就こうと野心を抱いていた。尚泰久は娘の百度踏揚を阿麻和利に嫁がせ、忠臣の護佐丸を読谷山座喜味城から中城城の按司に任じて牽制した。

これに対して阿麻和利は、護佐丸が兵馬を訓練して力をつけ、反逆を企てていると讒言した。泰久王は疑いつつも、実際に護佐丸が軍備を整えているのを知り、阿麻和利に護佐丸を討たせた。しかし、護佐丸には謀反の心はなく、抵抗せずに自刃した。阿麻和利は今度は泰久王を狙おうとしたが、妻に嫁いでいた百度踏揚と付き人の越来賢雄(鬼大城)がこれを知らせたので、王は阿麻和利を討ったという[1]

阿麻和利英雄説[編集]

正史では護佐丸が忠臣、阿麻和利が悪人とされているが、『おもろさうし』には阿麻和利を英雄として讃えるおもろが収録されており、伊波普猷は通説に疑問を呈している。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新城俊昭『琉球・沖縄史』東洋企画
  2. ^ 伊波普猷『阿麻和利考』岩波文庫「古琉球」所載

外部リンク[編集]