譲寧大君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

譲寧大君(じょうねいたいくん、양녕대군、ヤンニョンデグン、1394年-1462年)は、李氏朝鮮第3代国王・太宗の長兄にして李氏朝鮮第4代国王・世宗の実兄。本名、李褆이제、り てい、イ・ジェ)。奔放な行動がもとで、1417年に世子を廃位され、更に譲寧大君に封ぜられるが、実弟よりも長生きする。世宗亡き後は、王族の長老として数々の陰謀で暗躍する。7代国王・世祖の在位中の1462年、67歳(数え年69歳)で死去した。 なお、韓国の初代大統領李承晩は彼の末裔である。