警視庁の三郎三傑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
晩年の三郎三傑。左から高橋赳太郎高野佐三郎川崎善三郎1939年撮影。

警視庁の三郎三傑(けいしちょうのさんろうさんけつ)とは、明治中期に警視庁撃剣世話掛を務めた、3人の優れた剣術家のこと。

中西派一刀流1886年(明治19年)任官。後に埼玉県警察部勤務。1913年(大正2年)剣道範士
無外流高橋派、津田一伝流1887年(明治20年)任官。兵庫県警察部大阪府警察部にも勤務した。1919年(大正8年)剣道範士。
無外流土方派。1886年(明治19年)任官。後に山梨県警察部勤務。1923年(大正12年)剣道範士。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]