警固神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
警固神社
警固神社参道
所在地 福岡県福岡市中央区天神2-2-20
位置 北緯33度35分15秒
東経130度23分59秒
座標: 北緯33度35分15秒 東経130度23分59秒
主祭神 警固大神(神直毘神・大直毘神・八十禍津日神)
社格 県社
創建 仲哀天皇9年
例祭 7月19日以降の土曜・日曜日(夏越し祭)
テンプレートを表示

警固神社(けごじんじゃ)は、福岡県福岡市中央区にある神社である。旧社格県社

祭神[編集]

本殿に警固大神(神直毘神大直毘神八十禍津日神)、相殿に建角身神豊玉姫命神功皇后応神天皇を祀る。

歴史[編集]

社伝では神功皇后による三韓征伐の際、皇后の船団を守護し勝利に導いた警固大神を福崎(現在の福岡城本丸周辺)の地に祀ったのが始まりとされる。慶長6年(1601年)福岡城築城の際に下警固村(現在の福岡市中央区天神周辺)に移され、慶長13年(1608年)に福岡城主黒田長政によって現在の場所に社殿が造営された。大正5年(1916年)、県社に列格した。

社名及び周辺の地名である『警固』はかつて鴻臚館にあった役所『警固所』に由来する。

施設[編集]

拝殿
神門
  • 拝殿
  • 本殿
  • 大鳥居
  • 神門
  • 針乃碑
  • 今益稲荷神社
  • 神徳殿(貸し会場)

警固公園は神社北隣に接する。

交通[編集]

写真[編集]


外部リンク[編集]