講談社の動く図鑑 MOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
講談社の動く図鑑 MOVE
発行日 2011年7月15日 - 刊行中
発行元 講談社
ジャンル 学習図鑑
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 AB判
公式サイト WebMOVE
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

講談社の動く図鑑 MOVE(こうだんしゃのうごくずかん ムーブ)は、講談社が発行する日本学習図鑑のレーベル。

概要[編集]

2011年7月15日に『動物』『昆虫』『恐竜』の3タイトルで創刊。判型はAB判で、各巻とも必ず図鑑の主題と関連する映像を収録したDVDが付録となっている。付録DVDの映像制作はNHKエンタープライズが担当しており、映像素材は「NHKスペシャル」や「ダーウィンが来た!」などのNHK放送番組を再編集したものだけでなく、付録DVD用に新規撮影されたものもある。

2014年には学研教育出版(のち学研プラス)が「MOVE」と同コンセプトの「学研の図鑑LIVE」を創刊したのを始め「小学館の図鑑NEO」もDVDを付録とした新装版の刊行を開始するなど相次いで「MOVE」に追随しており、2010年代の学習図鑑のスタンダードを確立したレーベルと言える。

編集面では網羅性よりも『動物』ならばライオンを2ページ分で取り上げるなど、各巻ごとの主題で重点を置いて取り上げるテーマを設定した編集が為されている。そのため、取り上げる種は競合他社の図鑑よりも少なめになっている場合がある[1]。ビジュアル重視のレイアウトは、担当編集者の森定泉が小学生の頃に科学雑誌『ニュートン』の創刊号を読んで衝撃を受けた体験が基になっていると言う[1]

公式サイトやTwitterでは、新刊情報や既刊の紹介と合わせて科学分野を中心に新発見や各地の動物園水族館から提供された話題を取り上げている。

関連レーベル[編集]

サブレーベルにタイトルが「〜のふしぎ」となっているWONDER MOVE(ワンダームーブ)があり、体系的な網羅に適さない動物の生態や人体の構造、自然現象などを主題とする場合に使用される。

2015年には本レーベルのノウハウを導入した学習漫画MOVE COMICS(ムーブコミックス)が派生レーベルとして発刊しており、図鑑と同様にNHKエンタープライズ制作の映像を収録したDVDが付録となっている。

コラボレーション[編集]

2015年からヨシリツの組み立てブロックLaQ」とコラボレーションを実施しており「MOVE」の既刊をベースにしたオリジナルの組み立て作品を審査する「LaQ×MOVE作品コンテスト」が開催されている[2]

沿革[編集]

講談社では1953年に創刊した「講談社の学習図鑑」およびその後継レーベルとして1959年に創刊した「講談社の学習大図鑑」などの学習図鑑を刊行していたが、これらのレーベルは1956年に創刊した「小学館の学習図鑑」に大きく水を開けられたため1960年代半ばに撤退し、小学館学習研究社(当時)の二強体制となった1970年代は両社との競合が少ない幼児向けの図鑑を中心に刊行していた。

1980年代には小学生を主な読者層とする「講談社カラー科学大図鑑」、中学生以上を主な読者層とする「原色細密生態図鑑」などの学習図鑑で再参入している。1990年代には「カラー科学大図鑑」の後継レーベルとして「講談社パノラマ図鑑」を刊行したが、市場シェアは「小学館の学習百科図鑑」やその対抗馬の「学研の図鑑」に比べて小さく、1993年刊の第28巻「科学あそび」を最後に刊行を終了、再度の撤退となった。

2009年初め、児童書第二出版部(当時)の編集者であった森定泉は学習図鑑への再参入を発案し、独力での編集作業を経て2年半後の2011年7月15日に「MOVE」を創刊した[1]。レーベルの基本コンセプトは「動く学習図鑑」であり、各巻とも必ず付録DVDを添付していることがレーベル名「MOVE」の由来ともなっている。

創刊から2年でシリーズ累計100万部を突破し、2013年には「小学館の図鑑NEO」や「ニューワイド学研の図鑑」などの競合レーベルを抑えて市場シェア第1位を獲得した[1]。発行元の講談社では、DVDを付録にしたことで従来の中心読者層であった小学生だけでなく未就学児にも市場を拡大することが出来た点が主な成功要因であったと分析している[1]

2015年より、毎年7月に既刊のフォローアップや夏休みの課題支援を主な目的とする「特別号」が刊行されている。特別号は付録DVDが無い代わりに、スマートフォンを通したAR機能でスペシャル映像が視聴可能となっている。

各巻[編集]

  • 刊行順。「DVD」の欄は付録DVDの収録時間を表す。水色はWONDER MOVE、黄緑色は特別号、赤は新訂版、濃い灰色は新訂版の刊行により絶版。
タイトル DVD 発売日 ISBN 備考
動物 92分 2011年7月15日 ISBN 978-4-06-216210-4 2015年に新訂版刊行
恐竜 48分 ISBN 978-4-06-216209-8 2016年に新訂版刊行
昆虫 69分 ISBN 978-4-06-216789-5
68分 2011年11月10日 ISBN 978-4-06-216211-1
大自然のふしぎ 71分 2012年6月15日 ISBN 978-4-06-217636-1 WONDER MOVE
63分 ISBN 978-4-06-217635-4 2016年に新訂版刊行
宇宙 58分 2012年11月17日 ISBN 978-4-06-218049-8
人体のふしぎ 57分 2013年6月21日 ISBN 978-4-06-218242-3 WONDER MOVE
は虫類・両生類 59分 ISBN 978-4-06-218409-0
生きもののふしぎ 64分 2014年6月12日 ISBN 978-4-06-219014-5 WONDER MOVE、LaQ付き特装版あり
植物 59分 ISBN 978-4-06-219009-1
星と星座 60分 2015年6月18日 ISBN 978-4-06-219487-7
鉄道 55分 ISBN 978-4-06-219483-9
新発見の恐竜大集合! 2015年7月29日 ISBN 978-4-06-219648-2 特別号、スペシャルゲスト・さかなクン
動物 新訂版 111分 2015年11月19日 ISBN 978-4-06-219822-6 2011年刊の新訂版
危険生物 55分 2016年6月24日 ISBN 978-4-06-220092-9
恐竜 新訂版 61分 ISBN 978-4-06-220103-2 2011年刊の新訂版
魚 新訂版 81分 ISBN 978-4-06-220106-3 2012年刊の新訂版
火山のふしぎ 富士山は本当に爆発するのか!? 2015年7月22日 ISBN 978-4-06-220162-9 特別号

出典[編集]

外部リンク[編集]