諸熊奎治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

諸熊 奎治(もろくま けいじ、1934年昭和9年)7月12日 - 2017年平成29年)11月27日)は、大阪府泉佐野市出身の理論化学者日本学士院会員鹿児島県鹿児島市生まれ。男性。

自然科学研究機構分子科学研究所名誉教授。アメリカ合衆国エモリー大学名誉教授。京都大学福井謙一記念研究センターシニアリサーチフェロー、国際量子分子科学アカデミー前会長。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

恩賜賞日本学士院賞日本化学会賞、国際量子分子科学アカデミー賞、WATOCシュレーディンガーメダル他、受賞多数。

2010年春の叙勲で瑞宝中綬章を受章。2012年に文化功労者(理論化学・計算化学)。

2017年11月27日午前5時33分に京都市左京区の病院で心不全のため死去した。83歳没[5]

業績[編集]

理論化学・計算化学の発展に貢献。1968年には水の二量体の構造をab initio計算で予測、また、北浦和夫とともに分子間相互作用のエネルギー分割法を開発、固有反応座標の計算法をプログラムにしたり、金属触媒反応サイクルのエネルギープロフィールの決定、量子化学計算プログラムであるGAUSSIANプログラムに入っているONIOM法を開発するなど貢献多数。2013年のノーベル化学賞(複雑な化学系のためのマルチスケールモデルの開発)はコンピューターによる化学反応の計算手法開発に与えられたものであったが、スウェーデン王立科学アカデミーは諸熊を同分野に貢献にした人物の一人として挙げた。これらの業績からノーベル化学賞候補とも言われた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]