諸富駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
諸富駅
諸富駅跡
諸富駅跡
もろとみ
Morotomi
光法 (2.3km)
(1.5km) 筑後若津
所在地 佐賀県佐賀郡諸富町大字為重
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 佐賀線
キロ程 7.8km(佐賀起点)
電報略号 モロ
駅構造 地上駅
ホーム 相対式1面2線
開業年月日 1935年(昭和10年)5月25日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月28日
テンプレートを表示

諸富駅(もろとみえき)は、かつて佐賀県佐賀郡諸富町(現・佐賀市)に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)佐賀線廃駅)である。地名は「もろどみ」だったが、駅名は「もろとみ」であった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時は多数の側線を有し、相対式ホーム1面2線を持つ列車交換が可能な駅であった。運転要員のみが配置され、営業上は無人駅であったが最晩年には出札が復活し、硬券乗車券や廃止記念入場券も発売された。また、瀬高駅方に1970年代頃まで、味の素九州工場の引き込み線があった。

駅跡[編集]

廃駅後は、町営の体育館や産業振興会館になっている。ホームなどの当時の設備は残っていないが、写真付の記念碑が建てられている。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
佐賀線
光法駅 - 諸富駅 - (筑後川信号場) - 筑後若津駅

関連項目[編集]