諫早神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
諫早神社(四面宮)
Isahaya Shrine 01.jpg
所在地 長崎県諫早市宇都町1番12号
位置 北緯32度50分54.2秒 東経130度2分35.2秒 / 北緯32.848389度 東経130.043111度 / 32.848389; 130.043111座標: 北緯32度50分54.2秒 東経130度2分35.2秒 / 北緯32.848389度 東経130.043111度 / 32.848389; 130.043111
主祭神 天照大御神
大己貴大神
少彦名大神
九州総守護の神々
社格 旧県社
創建 神亀5年(728年)
本殿の様式 神明造
別名 四面宮(お四面さん)
例祭 10月12日
テンプレートを表示

諫早神社(いさはやじんじゃ)は、長崎県諫早市に鎮座する神社である。明治時代までは九州総守護の四面宮(しめんぐう)と称する。旧社格県社

祭神[編集]

天照大御神(あまてらすおおみかみ)、大己貴大神(おおなむちおおかみ)、少彦名神(すくなひこなおおかみ)を主祭神とし、猿田彦神、八幡神、稲荷神、天満神、御霊宮、太子堂などを合祀。また、九州総守護の神々である 白日別命、豊日別命、豊久土比泥別命、建日別命をご祭神としている。

歴史[編集]

平城京・奈良時代、神亀5年(728年)に、聖武天皇の勅願により行基菩薩が当地へ赴き、石祠を建てたのが神社の始まりと伝えられる。九州総守護の神々をまつる神仏習合の「四面宮」として代々領主の祈祷所と定められた。領主の西郷家龍造寺家諫早家から厚く崇敬されてきた。

天正15年(1587年)に諫早領主となった龍造寺家晴は特に崇敬し、境内の拡充や神殿の再建を図るなど「四面宮」を諫早領の総鎮守とした。明治元年(1868年)の神仏分離令で、並祀していた荘厳寺は分離されることになり本尊などは近くの寺院に移設。その際に、「四面宮」を「諫早神社」と改称した。

昭和20年(1945年)に県社に昇格した。

文化財[編集]

行基菩薩のお手植と伝えられる群は神木として崇敬されており、昭和41年(1966年)に「諫早神社のクス群」として長崎県天然記念物に指定されている。[1]

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 長崎県の文化財(諫早神社のクス群)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]