論理学体系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

論理学体系』(ろんりがくたいけい、: A System of Logic, Ratiocinative and Inductive、1843年)はイギリスの哲学者ジョン・スチュアート・ミルの著書。彼は本書の中で帰納の五つの原理を定式化しており、それらの原理はミルの方法として知られている。

参考文献[編集]

  • J.S.ミル『論理學體系』大関将一訳、春秋社(1949年)
  • ミル『推理論』竹田加壽雄訳、白水社(1950年)
  • 矢島杜夫『ミル『論理学体系』の形成』 木鐸社(1993年)、ISBN 4833221780
  • Mill, John Stuart, A System of Logic, University Press of the Pacific, Honolulu, 2002, ISBN 1410202526
  • 『論理学体系』近代社会思想コレクション:京都大学学術出版会、江口聡・佐々木憲介ほか編訳(2020年-、全4冊予定)

外部リンク[編集]

オンライン版[編集]

  • 1974 (comparative edition). Robson, J. M., ed. (1963 - 1991), Collected Works of John Stuart Mill, Toronto: University of Toronto Press . Appeared in Vol. 7, and Vol. 8 of the series.