諏訪蘇山 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初代
諏訪蘇山
Suwa Sozan I.png
生誕 諏訪栄三郎
嘉永4年5月25日1851年6月24日
加賀国金沢馬場六番丁
死没 1922年大正11年)2月8日
京都府京都市下京区五条坂
墓地 京都市建仁寺、金沢市興徳寺
国籍 日本の旗 日本
教育 金沢航海学校中退
著名な実績 陶芸
代表作 青瓷鳳凰耳花瓶(東京国立博物館所蔵)
流派 九谷焼青磁白磁
配偶者 諏訪富子
受賞 従七位
選出 帝室技芸員
活動期間 1876年(明治9年) - 1922年(大正11年)

初代 諏訪 蘇山(すわ そざん、嘉永4年5月25日1851年6月24日) - 1922年大正11年)2月8日)は、明治大正時代の陶芸家。名は好武。別号は金水堂、精斎。旧加賀藩士。帝室技芸員

概要[編集]

加賀藩で武芸を学び、軍務に携わった後、1873年(明治6年)任田屋徳次に陶芸を学び、1876年(明治9年)大井村に工場を設立した。坂井高岡、九谷陶器会社、金沢区立工業学校山内伊右衛門工場など北陸地方各地で陶器、煉瓦の製造、指導を行った。

1900年(明治33年)京都市錦光山宗兵衛工場に務めた後、1907年(明治40年)五条坂に独立した。1914年(大正3年)李氏朝鮮高麗窯再建に携わり、1917年(大正6年)宮内省帝室技芸員に選ばれた。

金水堂の号は大徳寺管長見性宗般、精斎の号は妙法院門跡村田寂順から贈られたもの[1]

生涯[編集]

製陶以前[編集]

嘉永4年(1851年)5月25日加賀国金沢馬場六番丁(石川県金沢市小橋町)に諏訪重左衛門の長男として生まれた[2]。幼名は栄三郎[1]文久3年(1863年)13歳で父を喪ったため、藩の規定により元治元年(1864年)14歳で家名を継ぎ、同時に剣道、馬術、水練術の免許を得て家督を相続、手工により家計を支えた[2]

明治元年(1868年)1月壮猶館教授役、明治2年(1869年)12月合図方練習、明治3年(1870年)10月五番大隊合図長を務め、12月修業のため上京し、明治4年(1871年)2月東京府兵関門上役となったが、上官と対立して5月帰郷し、12月軍を離れた[2]

明治5年(1872年)2月金沢航海学校に入学したが、1873年(明治6年)2月閉校となり、退学した[2]。この間水産講習所で教員として働き、捕鯨用麻縄、缶詰、燻製、塩漬けについて研究した[2]

北陸時代[編集]

1873年(明治6年)4月任田屋徳次に初めて陶画を学び、1875年(明治8年)2月上京、工部省教師フェノロサ邸隣に住んで美術工芸を学び、また大学校教師ゴットフリード・ワグネルに化学を学んだ[2]。1876年(明治9年)2月大井村に工場を設立し、橋本雅邦久保田米僊等を招いて陶像、石膏像の製作、模型の捻造を行った[2]

1877年(明治10年)8月瀬戸京都の製陶所を視察し、九鬼隆一に従い奈良正倉院法隆寺の古美術を鑑賞した[2]。1878年(明治11年)7月福井県坂井港で製陶の改良に携わり、1880年(明治13年)9月石川県江沼郡九谷陶器会社で陶芸を教える傍ら、陶像置物を考案し、1884年(明治17年)1月帰京した[2]

第四高等中学校校舎は四高記念文化交流館として現存する。

1884年(明治17年)6月石川県工業考案者に任じられ、1886年(明治19年)高岡町で鉄瓶の蝋型改良に従事した[2]。1887年(明治20年)7月19日金沢区立工業学校補助教員となり、1888年(明治21年)6月石川県銅器会社で蝋型改良に携わった[2]

第四高等中学校開校に当たり、煉瓦調達のため上京して直接文部大臣森有礼に相談し、技師久留正道の協力で7月河北郡法光寺村で煉瓦を製造した[2]

1889年(明治22年)4月1日石川県立工業学校助教諭試補となり、1892年(明治25年)4月1日彫刻科教員の仮免許を受け、4月4日助教諭に進んだ[2]。1893年(明治26年)大病から蘇生し、蘇山と号した[3]

1896年(明治29年)11月30日休職し、福井県丹生郡宮崎村字小層原の山内伊右衛門工場で陶芸を教え、土管製造場を監督した[2]。1897年(明治30年)3月12日金沢市八木煉化工場主管として煉瓦窯を設計、1898年(明治31年)2月富山県伏木煉瓦株式会社場長兼技術長に転じ、1899年(明治32年)12月辞職した[2]

京都時代[編集]

1900年(明治33年)1月京都に行き、粟田の錦光山宗兵衛工場で製陶改良に携わり、彩釉透彫花瓶を製作した[2]。1901年(明治34年)10月7日日本大菩提会英語版技術員となり、日暹寺シャム国王寄贈の仏舎利を入れる仏龕を製作し、1903年(明治36年)10月辞職した[2]

1906年(明治39年)10月錦光山工場を辞し、1907年(明治40年)1月京都市五条坂に独立して窯を構えた[2]七官青磁交趾釉白高麗、漆黒釉等、多岐に渡る様式を研究し、1913年(大正2年)には鳥の子青磁を考案した[2]

1914年(大正3年)1月李王職の依頼で朝鮮に渡り、高麗古窯旧跡を調査し、11月帰国して窯の再建を指導した[2]。1915年(大正4年)6月昌徳宮苑内鷹峰に完成すると、8月再訪して焼成実験を行い、10月帰国した[2]

1917年(大正6年)6月11日宮内省帝室技芸員に選ばれ、1919年(大正9年)久邇宮邦彦王台湾訪問、1921年(大正10年)聖徳太子1,300年忌等に際し作品を献上した[2]

死去[編集]

1922年(大正11年)1月風邪に罹り、肺炎を併発、持病の神経衰弱症が加わり、2月7日脳溢血を発症、8日午後10時死去した[2]。同日従七位に叙された[2]。14日建仁寺方丈で葬式が営まれ、金沢の菩提寺笹ヶ町興徳寺に分骨された[2]。法名は金水院蘇山精斎居士[2]

死後、養女虎子が諏訪蘇山 (二代)として窯を継ぎ、1970年(昭和45年)諏訪修が諏訪蘇山 (三代)、2002年(平成14年)その三女中村公紀が諏訪蘇山 (四代)を名乗る[3]

作品[編集]

親族[編集]

  • 父:諏訪好方 - 通称は重左衛門。文久3年(1863年)7月30日没[2]
  • 母:へん - 藩馬医[1]渡辺与左衛門次女。1896年(明治29年)5月5日没[2]
    • 弟:諏訪好直 - 安政元年(1854年)8月9日生[2]。彫刻をよくした[1]
    • 妹:こと - 文久2年(1862年)10月27日生[2]。時計商米沢余根吉に嫁ぎ、粘土をよくした[1]
  • 妻:富子 - 師任田屋徳次次女。1879年(明治12年)8月8日入籍[2]
    • 長男:諏訪好精 - 1883年(明治16年)10月11日生、1912年(大正元年)12月31日没[2]
    • 養女:諏訪蘇山 (二代) - 名は虎子。弟好直次女[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 小幡 1922, pp. 619-621.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 木村 1968, pp. 3-15.
  3. ^ a b 京都伝統陶芸家協会 2012, p. 69.
  4. ^ 色絵龍燈鬼置物”. 所蔵品データベース. 石川県立美術館. 2016年3月20日閲覧。
  5. ^ 彩釉唐人物置物”. 所蔵品データベース. 石川県立美術館. 2016年3月20日閲覧。
  6. ^ 練上菓子鉢”. 所蔵品データベース. 石川県立美術館. 2016年3月20日閲覧。
  7. ^ 青磁鳳凰耳瓶”. 画像検索. 東京国立博物館. 2016年3月20日閲覧。
  8. ^ 寄贈者顕彰室”. 東京国立博物館. 2016年3月20日閲覧。
  9. ^ 青磁切立香炉”. 泉屋博古館. 2016年3月20日閲覧。
  10. ^ 飛青瓷花瓶”. 所蔵作品総合目録検索システム. 国立美術館. 2016年3月20日閲覧。
  11. ^ 梅透彫花瓶”. 所蔵品データベース. 石川県立美術館. 2016年3月20日閲覧。
  12. ^ 唐人物置物”. デジタル所蔵庫. 石川県九谷焼美術館. 2016年3月20日閲覧。
  13. ^ 一つ目小僧置物”. デジタル所蔵庫. 石川県九谷焼美術館. 2016年3月20日閲覧。
  14. ^ ギャラリー雪章”. 石川県立工業高等学校ギャラリー雪章運営委員会. 2016年3月20日閲覧。

参考文献[編集]