調教師・騎手顕彰者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

調教師・騎手顕彰者(ちょうきょうし・きしゅけんしょうしゃ)とは、中央競馬の発展に多大な貢献のあった調教師騎手の功績を讃え、後世に伝えていくことを目的とする顕彰制度である。

2004年に日本中央競馬会(JRA)創立50周年記念事業の一環として、調教師7名、騎手3名が、2014年はJRA60周年記念事業の一環として調教師2名、騎手4名が顕彰された。2015年からは選定を行う年の2月末日までに引退した者を対象に、候補者がいる場合に選定手続を実施することとなり、2016年に調教師1名が顕彰された。現在、東京競馬場内のJRA競馬博物館に、顕彰者のブロンズ盾(レリーフ像、銘板付)、写真入りプロフィールパネルが展示されている。顕彰者は野球選手などでいうところの「殿堂入り」に相当する。

選考基準[編集]

出典:2004年2014年2016年

2004年[編集]

調教師
中央競馬における通算勝利度数が1000勝以上であり、管理馬が八大競走のうち、日本ダービーを含む5種類以上の競走において、のべ10勝以上を記録している者。
騎手
通算勝利度数がおおむね1000勝を記録している者で、年間最多勝利記録などでとくに顕著な成績を残した者。

2014年[編集]

調教師
中央競馬における通算勝利度数が1000勝以上であり、管理馬がGI競走を延べ5勝以上しており[1]、年間最多勝など、特に顕著な成績を記録した者。
騎手
中央競馬における通算勝利度数が2000勝以上[2]であり、GI競走を延べ10勝以上しており[1]、年間最多勝など、特に顕著な成績を記録した者。

2015年-[編集]

調教師
中央競馬における通算勝利度数が1000勝以上であり、管理馬がGI競走を延べ5勝以上しており[1]、年間最多勝など、特に顕著な成績を記録した者。
騎手
中央競馬における通算勝利度数が2000勝以上であり、GI競走を延べ10勝以上しており[1]、年間最多勝など、特に顕著な成績を記録し、免許を有さないこととなった日から原則として5年を経過した者。

顕彰者[編集]

調教師[編集]

顕彰者名 選定年 通算成績 主な勝ち鞍 主な記録
稲葉幸夫 2004年 8414戦1113勝 東京優駿菊花賞桜花賞2回、優駿牝馬5回
天皇賞(春)天皇賞(秋)2回、有馬記念
尾形藤吉 9338戦1669勝 皐月賞3回、東京優駿8回、菊花賞5回、桜花賞5回、優駿牝馬5回
天皇賞(春)4回、天皇賞(秋)7回、有馬記念2回
年間最多勝利調教師12回
久保田金造 10041戦1000勝 東京優駿2回、菊花賞3回、優駿牝馬
天皇賞(春)2回、天皇賞(秋)2回
安田記念マイルチャンピオンシップ
武田文吾 8897戦1227勝 皐月賞2回、東京優駿2回、菊花賞2回、桜花賞、優駿牝馬
天皇賞(春)、天皇賞(秋)、有馬記念
年間最多勝利調教師2回
二本柳俊夫 8024戦1043勝 東京優駿、菊花賞2回、優駿牝馬
天皇賞(春)2回、天皇賞(秋)、有馬記念3回
藤本冨良 9054戦1339勝 皐月賞2回、東京優駿3回、菊花賞、桜花賞
優駿牝馬、天皇賞(春)4回、有馬記念
年間最多勝利調教師2回
松山吉三郎 9157戦1358勝 東京優駿2回、桜花賞、優駿牝馬2回
天皇賞(春)3回、有馬記念2回
伊藤雄二 2014年 7501戦1153勝 皐月賞、東京優駿、桜花賞2回、優駿牝馬2回
秋華賞2回、天皇賞(秋)、スプリンターズS、安田記念、エリザベス女王杯
年間最多勝利調教師5回
松山康久 7700戦1001勝 皐月賞2回、東京優駿2回、菊花賞、天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップ 年間最多勝利調教師1回
橋口弘次郎 2016年 8645戦991勝 東京優駿、菊花賞2回、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、スプリンターズS、安田記念、NHKマイルカップ朝日杯FSドバイシーマクラシック 年間最多勝利調教師1回
  • 勝ち鞍の「天皇賞」には、前身競走である帝室御賞典優勝を含む。ほかクラシック競走も一律に現行名称で記載。
  • 安田記念は1984年のGI競走格付け以降の勝利のみ記載。同競走とスプリンターズS、秋華賞、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップは、選考対象の八大競走には含まれない。

騎手[編集]

顕彰者名 選定年 通算成績 主な勝ち鞍 主な記録
野平祐二 2004年 7280戦1339勝 桜花賞、優駿牝馬、天皇賞(春)3回、有馬記念2回 年間最多勝利騎手3回
福永洋一 5086戦983勝 皐月賞、桜花賞2回、菊花賞、天皇賞(春)、天皇賞(秋) 年間最多勝利騎手9回
保田隆芳 6143戦1295勝 皐月賞、東京優駿2回、菊花賞3回、桜花賞2回、優駿牝馬2回
天皇賞(春)3回、天皇賞(秋)7回、有馬記念2回
年間最多勝利騎手3回
岡部幸雄 2014年 18647戦2943勝 皐月賞3回、東京優駿、菊花賞3回、優駿牝馬3回、天皇賞(春)4回、天皇賞(秋)2回、有馬記念3回
ジャパンカップ2回、ジャパンカップダート宝塚記念、安田記念3回、マイルチャンピオンシップ3回、高松宮記念
エリザベス女王杯、フェブラリーS2回、NHKマイルカップ、スプリンターズS、朝日杯3歳Sジャック・ル・マロワ賞
騎手大賞2回
年間最多勝利騎手2回
河内洋 14940戦2111勝 皐月賞、東京優駿、菊花賞、桜花賞4回、優駿牝馬2回、天皇賞(春)2回、有馬記念
安田記念2回、ジャパンカップ、マイルチャンピオンシップ3回、エリザベス女王杯2回、スプリンターズS2回
年間最多勝利騎手3回
郷原洋行 11906戦1515勝 皐月賞、東京優駿2回、菊花賞、天皇賞(春)2回、天皇賞(秋)2回
安田記念、マイルチャンピオンシップ
年間最多勝利騎手1回
柴田政人 11728戦1767勝 皐月賞2回、東京優駿、菊花賞、桜花賞、天皇賞(春)、天皇賞(秋)2回、有馬記念
安田記念、朝日杯3歳S
年間最多勝利騎手1回

脚注[編集]

  1. ^ a b c d グレード制導入以前の八大競走宝塚記念ジャパンカップエリザベス女王杯も含む。
  2. ^ 1983年以前に騎手を引退した者については1000勝以上、1984年から2003年までの間に騎手を引退した者については1500勝以上としている。

外部リンク[編集]