誰かが私にキスをした

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
誰かが私にキスをした
Memoirs of a Teenage Amnesiac
監督 ハンス・カノーザ
脚本 ガブリエル・ゼヴィン
原作 ガブリエル・ゼヴィン
出演者 堀北真希
松山ケンイチ
手越祐也
アントン・イェルチン
桐島かれん
エマ・ロバーツ
桐谷美玲
清水美沙
渡部篤郎
主題歌 Kylee「キミがいるから」
撮影 ジャロン・プレサント
編集 ハンス・カノーザ
フィリス・ハウゼン
配給 東映
公開 日本の旗 2010年3月27日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 日本語
英語
テンプレートを表示

誰かが私にキスをした』(Memoirs of a Teenage Amnesiac)は、ハンス・カノーザ監督堀北真希松山ケンイチ主演、2008年制作、2010年公開の日本映画である。

概要[編集]

2008年11月24日に、堀北真希・松山ケンイチを主演に、日米の俳優・スタッフで製作する映画の製作発表が行われた。監督は、アメリカで活躍するハンス・カノーザ。原作はカノーザ監督作品の脚本を手掛けてきた、ガブリエル・ゼヴィンの小説『失くした記憶の物語』 Memoirs of a Teenage Amnesiac (2007) 。製作発表時の邦題は『ナクシタキオク』であった。クランクインは2008年11月26日、クランクアップは2009年1月初旬。

本来は、アメリカで製作・撮影する予定であったが、「日本を舞台にし、文化のぶつかり合いも絡んだ深みのある物語になって面白くなる」という監督の考えで、日本の映画会社に企画を持ち込んだことで制作が開始された。原作のハイスクールから東京のアメリカンスクールに設定変更し、スタッフ以外はすべて日本仕様で撮影が行われた。そのため、本編の約5割が英語による会話になった。

製作発表から長らく公開時期が未定であったが、2010年3月の公開が正式に決定したことを2009年10月11日に発表した。それと同時に邦題が『ナクシタキオク』から『誰かが私にキスをした』に変更されたことも発表された。

全国247スクリーンで公開され、2010年3月27-28日初日2日間で動員3万8,598人、興収4,890万9,800円になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第10位となった[1]

あらすじ[編集]

東京のアメリカンスクールに通う、ごく普通の高校生・ナオミ。だが恋をした次の日、彼女は過去4年間の記憶を失ってしまう。やがて自分自身を見つけ出し、記憶を取り戻したナオミは、本当の自分、本当に愛しているものを探していく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - ウェンディ・リーズ、 片岡公生、クエイシー・コリソン、原田典久、ハンス・カノーザ、杉山剛、高橋雅奈
  • コー・プロデューサー - アッシュ温井
  • ライン・プロデューサー - 姫田伸也
  • アソシエイトプロデューサー - 栗生一馬、ジュン・サンダース
  • 脚本協力 - 永津愛子
  • 撮影 - ジャロン・プレサント
  • 照明 - 和田雄二
  • 美術 - 金田克美
  • 衣装 - 小川久美子
  • ヘアメイク - 川野由佳里
  • 録音 - 岩丸恒
  • スクリプト・スーパーバイザー - ジョイ・ナカガワ
  • 助監督 - 井上隆
  • 制作担当 - 雲井成和
  • プロダクション・コーディネート - 坂井清子
  • 通訳 - 大倉美子
  • 通訳 / 現場通訳 - 石丸由記
  • セカンドユニットディレクター - マイケル・サンダース
  • 監督助手 - 甲斐聖太郎、國松秀雄
  • Bカメ撮影 - ヒロオ・タカオカ
  • 特機 - 実原康之
  • キャスティングマネージャー - 齋木惠子
  • キャスティングアシスタント - 安住啓太郎
  • 制作主任 - 土田守洋、三浦吉弘
  • 制作進行 - 須佐美大誠
  • 製作デスク - 古賀華江、横山ふみ
  • アシスタントプロデューサー - 伊集院文嗣

脚注[編集]

外部リンク[編集]