誉田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
誉田駅
北口(2017年5月)
北口(2017年5月)
ほんだ
Honda
鎌取 (3.8km)
(5.5km) 土気
所在地 千葉市緑区誉田町二丁目24
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 外房線
キロ程 12.6km(千葉起点)
電報略号 ムタ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
6,738人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1896年明治29年)1月20日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
南口(2015年5月17日)
南口(2015年5月17日)
仮駅舎(2005年10月9日)
仮駅舎(2005年10月9日)
Suica専用になった改札機
Suica専用になった改札機

誉田駅(ほんだえき)は、千葉県千葉市緑区誉田町二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)外房線である。

歴史[編集]

開業当初は「野田駅」と称した。野田は旧千葉郡誉田村の地区名である。[2]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。千葉市内のJR駅では最後まで地平駅舎を有していた。

2004年平成16年)10月より橋上駅舎の新築工事が行われ[5]2006年(平成18年)3月23日から供用が開始された[3]。 工事中は駅前の駐輪場の空きスペースに仮駅舎が設置された。この工事によって2008年(平成20年)4月5日に北口駅前広場が新設され[4]、既存の南口駅前広場は改修が行われた。

2003年(平成15年)以降は当駅の駅長職は廃止され、当駅は鎌取駅管理の直営駅となり、現在はJR東日本ステーションサービスが駅業務を受託する業務委託駅である。駅舎内に指定席券売機自動改札機が、改札外にコンビニエンスストアNEWDAYS」が置かれている。なお、2012年2月18日より有人改札口側、2番目の自動改札口がICカード専用になった。北口 - コンコース間、南口 - コンコース間、コンコース - 各ホーム間を連絡するエレベーターおよび上りエスカレーターがある。改札内と北口階段下にユニバーサルデザインの一環として多機能トイレが設置されている。コンコースとホームには発車標がある。なお、最近になって指定席券売機が設置された[要出典]

以前は一部の特急が当駅に停車し、緑区内の快速停車駅も当駅のみであった。その後鎌取駅土気駅の両駅は周辺の宅地開発により利用者が急増し、1998年(平成10年)12月8日以降鎌取駅に、1999年(平成11年)12月4日以降は土気駅にすべての快速が停車するようになった。そして、2005年(平成17年)12月10日のダイヤ改正で緑区内の特急停車駅は土気駅に統一された[要出典]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 外房線 下り 大網東金勝浦方面 一部列車は2番線
2・3 上り 蘇我千葉東京方面  
  • 鎌取駅の利用者増加に伴い当駅始発・当駅止まりの電車が平日7本設定されている。
  • 千葉駅 - 当駅間の普通が毎日朝夕に1往復ずつ設定されている。
  • また、京葉線直通各停東京行が平日朝夕に1本設定されている。以前には夜に京葉線東京駅発着の列車(京葉線内快速運転)が設定されていたが、2007年(平成19年)3月18日ダイヤ改正上総一ノ宮まで延長された。それとは別に 2009年(平成21年)3月14日ダイヤ改正において、夕方ラッシュ時に当駅折り返しの京葉線直通列車1往復が設定された。

連結・切り離し作業[編集]

当駅2番線は、連結・切り離し作業用の信号設備を有する。

朝夕に各1本設定されている東金線成東駅・外房線勝浦駅発着の京葉線直通通勤快速(土曜・休日は快速)の連結・切り離し作業は当駅2番線にて実施される。当該列車は現在はE233系電車に置き換えられているが、以前は201系電車が充当されていた。

上りは7時台で、勝浦始発(前6両編成)・成東始発(後4両編成)の順に到着して連結し、10両編成となって発車する。下りは19時台で、成東行(前4両)・勝浦行(後6両)の順に切り離して発車する。

東金線が外房線から分岐する大網駅は、駅ホームの手前で外房線(南下)と東金線(北上)が分岐する構造であることから、外房線列車と東金線列車の連結・切り離し作業は不可能である。また、次駅の土気駅も停留所であり、やはり連結・切り離し作業の実施が不可能であるため、当駅で連結・切り離し作業を実施する。


発車メロディ[編集]

橋上駅舎化前からテイチク製の発車メロディを使用している。なお、1・2番線のメロディ「南風の行方」は当駅が最初の使用駅である。

  • 1・2番線 - 「南風の行方」
  • 3番線 - 「スプリングボックス」

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗車人員は6,738人[6]であり、減少傾向である。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1990年 8,062
1991年 8,407
1992年 8,769
1993年 8,969
1994年 8,939
1995年 8,769
1996年 8,904
1997年 8,629
1998年 8,509
1999年 8,282
2000年 8,001 [7]
2001年 7,714 [8]
2002年 7,534 [9]
2003年 7,353 [10]
2004年 7,219 [11]
2005年 7,158 [12]
2006年 7,143 [13]
2007年 7,093 [14]
2008年 7,042 [15]
2009年 6,912 [16]
2010年 6,712 [17]
2011年 6,641 [18]
2012年 6,696 [19]
2013年 6,765 [20]
2014年 6,648 [21]
2015年 6,738 [6]

駅周辺[編集]

駅の南側すぐのところに千葉県道20号千葉大網線(大網街道)がある。南側は商店街が続き、誉田駅前郵便局や中規模のスーパーマーケットなどが見られる。大網街道を西に進むと緑消防署誉田出張所、千葉市誉田市民センター・誉田公民館、千葉誉田郵便局がある。一方、北側は2006年(平成18年)に出入口が完成、タクシー乗り場やコインパーキングなどが設置されている。2017年中にスーパーマーケットが開業予定。

バス路線[編集]

特記以外は千葉中央バスにより運行されている。空港連絡バスは鎌取・土気両駅にすべての便が停車するのに対して、当駅は駅周辺道路の渋滞が激しいことから一部経由しない便がある。

南口発着[編集]

乗り場 経由地 行先 備考
1番 鎌取駅・千葉県がんセンター・星久喜台・県庁前 JR千葉駅
野田十文字 鎌取駅
(空港連絡バス) 羽田空港 東京空港交通と共同運行
(高速バス) 東京スカイツリータウン前バスタ新宿(新宿駅) 東京スカイツリータウン前通過便あり
2番 緑いきいきプラザ・大木戸新田・土気駅・昭和の森 大網駅
5番 緑いきいきプラザ・はなみずき台入口 越智はなみずき台
深夜急行バス 山田インター入口 平和交通

北口発着[編集]

乗り場 経由地 行先 備考
1番 平川・鳥喰 千葉中
中芝公民館・高田 千葉東霊苑 お盆・お彼岸期間のみ運行

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
外房線
通勤快速・快速(京葉線経由)・快速(総武線経由)・普通(各駅停車)
鎌取駅 - 誉田駅 - 土気駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、22-23頁。
  2. ^ 類似する駅名は、東武アーバンパークライン野田市駅千葉県野田市)、JR野田駅大阪市営地下鉄千日前線野田阪神駅阪神本線阪神野田駅。(大阪府大阪市福島区
  3. ^ a b “供用開始祝い渡り初め JR誉田駅の橋上駅舎と自由通路 北側住民の利便性向上”. 千葉日報 (千葉日報社). (2006年3月23日) 
  4. ^ a b “JR誉田駅北口駅前広場が完成 市道も拡幅 渋滞緩和へ”. 千葉日報 (千葉日報社). (2008年4月6日) 
  5. ^ “誉田駅 大幅改良へ着工 工事関係者ら安全祈願 「町分断」解消、安全や利便性アップ”. 千葉日報 (千葉日報社). (2004年10月6日) 
  6. ^ a b JR東日本:各駅の乗車人員(2015年度)
  7. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2000年度)
  8. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2001年度)
  9. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2002年度)
  10. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2003年度)
  11. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2004年度)
  12. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2005年度)
  13. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2006年度)
  14. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2007年度)
  15. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2008年度)
  16. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2009年度)
  17. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2010年度)
  18. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2011年度)
  19. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2012年度)
  20. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2013年度)
  21. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2014年度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]