許斐山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
許斐山
Konomiyama.JPG
許斐山
標高 271 m
所在地 日本の旗 日本
福岡県宗像市福津市
位置 北緯33度46分34.7秒
東経130度32分21.6秒
座標: 北緯33度46分34.7秒 東経130度32分21.6秒
許斐山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

許斐山(このみやま)は、福岡県宗像市王丸と福津市八並にまたがるである。標高271m。山頂一帯には宗像氏の一族許斐氏の居城である許斐山城があった。

宗像中継局[編集]

山頂には、NHK福岡放送局と福岡県の民放テレビ5局及びFM FUKUOKA中継局が設置されている。旧宗像郡地域はもちろんのこと、古賀市新宮町もカバーしている。なお、LOVE FMCROSS FMの中継局は無く、九千部山久留米・鳥栖テレビ・FM放送所と(※CROSS FMは、福岡タワー(78.7MHz)から送信。)親局から送信されている電波を受信する(LOVE FMは出力1kWで、かつFMの最低周波数(76.1MHz)のため、広範囲をカバーしている)。

住所[編集]

  • 福津市大字八並字許斐山733-1
  • 福岡県宗像市大字王丸字許斐国有林119う林小班

開局年月日[編集]

  • 1975年(昭和50年)10月23日(NHK・FBS)
  • 1976年(昭和51年) 6月16日(TNC)
  • 1979年(昭和54年) 4月17日(KBC)
  • 1979年(昭和54年) 4月18日(RKB)
  • 1991年(平成3年)12月20日(TVQ)

宗像地区の特殊事情[編集]

宗像市は、福岡市北九州市の中間に位置しており、旧市部では、福岡タワー皿倉山にある八幡テレビ・FM放送所両方からの電波が届いている。しかし、ともに送信所からの距離が離れていることもあり電波が弱くなっている上、アナログVHF帯では互いの送信チャンネルが近接して(6chに至ってはNHK同士で重なって)いることもあり、混信による障害が発生するケースもあった。

このため、1970年代後半に、この山に中継局が設けられた。宗像も福岡都市圏の淵部となっているためNHKは福岡局の中継局だが、関門都市圏(北九州都市圏)でもあるため民放は八幡局からの電波を変換して再送信している。

また、2007年9月1日開始の地上デジタルテレビジョン放送においては、県内のどの局とも異なる物理チャンネル設定となっている。これは、先述の地理的要因により、デジタル固有の受信障害が発生する恐れがあるためである。福岡県内の物理チャンネルパターンは、「福岡エリア」(福岡局・糸島局)、「北九州・筑豊エリア」(北九州局・行橋局)、「筑後エリア」(久留米局・大牟田局)、そして「宗像エリア」の4パターンが存在することになる。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

チャンネルの配列順は、EPGでは大元のデータを東京で一括して制作している関係上「NHK総合→NHKEテレ(教育)→民放ID順」となっているが、デジタルテレビ放送受信機における選局順は、下記の表に掲げたような実際のリモコンキーID順である。

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル
(ch)
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 KBC九州朝日放送 23 21W 105W 福岡県 約9万7千世帯
2 NHK福岡教育 22 100W 全国放送
3 NHK福岡総合 28 福岡県西部
4 RKB毎日放送 24 福岡県
5 FBS福岡放送 20
7 TVQ九州放送 26
8 TNCテレビ西日本 18
地上D248ch RKB Gガイド 24

備考

  • 全局中継局。NHKとTVQは福岡タワー局と物理チャンネルが同一である。2007年9月1日放送開始。
  • UHFアンテナは13ch - 52ch用または13ch - 44ch(ローバンド)用での受信となるため、アナログテレビを受信するためのアンテナでは受信できないことがある。その場合は、13ch - 52ch対応のUHFアンテナか13ch - 44ch対応のUHF(ローバンド)用アンテナと地デジ対応ブースター等を取り替える必要がある。
  • 地上デジタル248chは、Gガイドで放送されている番組表データを放送しているチャンネルである。物理チャンネル24chのRKBの放送波で送信されているが、受信機の選局順ではTNC(地上デジタル081ch及び同082ch)の後になっている。このチャンネルに合わせると、「このチャンネルはGガイドデータ配信用チャンネルであり、映像放送を行っているチャンネルに変更するように」という旨の表示がなされる。サービス開始は宗像局開局前であるため、試験放送の段階から利用可能だが、受信機が地デジGガイド受信に対応している必要がある。
    • なお、配信されている番組表は上記表に掲げた福岡県の放送局の分のみである。
  • 出力はアナログに換算すると210Wに相当。周辺アナログ中継局の統合(津屋崎中継局がデジタル化で廃止)も兼ねており、実質7倍に増力されたことになる。
  • KBCについては、16chから23chに変更。23chは2013年9月2日より放送開始。(放送開始時刻については不明)。12月9日まで16ch,23chで放送されていた。また10月になってから、16chの出力を下げている模様(アンテナレベルの低下で確認。)
  • NHK総合に関しては、平成30年7月23日より韓国波による電波障害対策のチャンネル変更で、35chで放送開始予定。旧28chは平成30年10月22日終了予定。

放送対象エリア[編集]

総務省の定めた放送エリアは以下の通り。

地上アナログテレビジョン放送送信設備[編集]

チャンネル
(ch)
放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
45 TNCテレビ西日本 映像30W/
音声7.5W
映像170W
音声43W
福岡県 約8万2千世帯
47 FBS福岡放送
49 RKB毎日放送
51 KBC九州朝日放送
53 NHK福岡総合 映像160W
音声40W
福岡県西部
55 NHK福岡教育 全国放送
61(27) TVQ九州放送 映像170W
音声43W
福岡県
備考
  • TVQは、地デジ放送開始によるアナアナ変換でチャンネルを変更(変更前が27ch)。

FMラジオ放送送信設備[編集]

周波数
(MHz)
放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
84.1 FM FUKUOKA 20W 23W 福岡県 -

備考

関連項目[編集]

福岡県内の主要放送送信所

外部リンク[編集]