許儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

許 儀(きょ ぎ Xu Yi、?-263年)は、中国三国時代武将許褚の子。許綜の父。

父の死後、牟郷侯を相続した。

263年、司馬昭の命により蜀漢侵攻が始まると、許儀は鍾会の軍に従って参戦した。このとき、鍾会の命により橋の架橋を命じられたが、鍾会が橋を渡ろうとしたとき、乗っている馬が脚を獲られたため鍾会は落馬した。鍾会はこれを橋の不備によるものだと怒り、許儀を殺害してしまった。このとき、周囲の面々が鍾会に対し、許儀は許褚の子であるから命だけは助けるべきと嘆願したが、鍾会は受け入れなかったと言う。

家系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
許定許褚
 
 
許儀
 
 
許綜