設楽郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛知県設楽郡の位置

設楽郡(したらぐん)は、愛知県三河国)にあった

郡域[編集]

概ね現在の下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。。

当該区域の面積は990.78km2、51,298人(平成22年国勢調査)[1]

歴史[編集]

903年延喜3年)に宝飯郡より分離して誕生。郡名の由来に関しては、以下の4つの説がある。

  • 稲穂の垂れる有様を『(しだれ)』と呼び習わしたことから付いたという説
  • 豊穣で万事充足している「(発語)・タル(足る)」という形容詞から付いたという説
  • 新羅(しんら)人が移住してきたことに因み「シンラ」と呼ばれたのが転訛したという説
  • 麻織物の古語「シトリ(シドリ)」の転訛という説
  • 羊歯(シダ)が生い茂っていたことから「シダ原」と呼ばれたという説

郡北部(稲武・名倉・津具・豊根・富山)は、16世紀(寛永 - 延宝頃)以前は賀茂郡に所属していた。これらの地域は現・豊根村域(天竜川水系)を除き矢作川水系に属している。

以下の4郷が存在した。

  • 設楽郷 - 旧東郷、新城、千郷(ちさと)と東栄町にわたる地域
  • 多原郷 - 作手村田原を中心とする姉川流域
  • 黒瀬郷 - 鳳来町玖老瀬(くろぜ)を中心に旧海老、鳳来寺、長篠(大部)
  • 賀茂郷 - 作手村南部から千郷山添の地

近世以降の沿革[編集]

所属町村の変遷は北設楽郡#郡発足までの沿革南設楽郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注[編集]

  1. ^ 明治初年の町村の再編により、町村数の合計は「旧高旧領取調帳」の記載とは一致しない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
宝飯郡
行政区の変遷
903年 - 1878年
次代:
北設楽郡南設楽郡