計測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

計測(けいそく、measurement and instrumentation)とは、日本の技術分野において、測定(measurement)の代わりに使われる用語を指す[1]

概要[編集]

古くから商取引度量衡を支える測定機器生産・精度管理業務が存在していたが、近代産業の隆盛により、ものづくりにおいて測定機器を購入し、生産ライン中に装備する技術が現れ、これを計装(instrumentation)と呼ぶようになった[1]。計装には制御系の検出端の装備というニュアンスがあり、これらの意味合いから、技術分野では測定(measurement)の代わりに計測という用語が使われるようになった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 南茂夫、木村一郎、荒木勉『はじめての計測工学』改定第2版、講談社、2012年12月、ISBN 9784061565111

関連項目[編集]