角野然生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
角野 然生
かどの なりお
2022kadono.jpg
生年月日 (1964-10-03) 1964年10月3日(57歳)[1]
出生地 日本の旗 日本東京都板橋区[2]
出身校 東京大学[3]
エモリー大学ビジネススクール[3]

在任期間 2021年7月1日[4] -

在任期間 2020年7月20日[5] - 2021年7月1日
テンプレートを表示

角野 然生(かどの なりお、1964年昭和39年〉10月3日[1] - )は、日本経済産業官僚

来歴[編集]

東京都板橋区出身[2]1988年(昭和63年)、東京大学経済学部を卒業[3]。同年、通商産業省へ入省[3]1995年平成7年)、エモリー大学ビジネススクールを卒業し、経営学修士を取得[3]

通商政策局米州課課長補佐、経済産業政策局調査課課長補佐、資源エネルギー庁長官官房総合政策課企画官、同資源・燃料部石油精製備蓄課長、経済産業政策局産業構造課長、経済産業省大臣官房参事官製造産業局担当)などを歴任[1]。この他、経済産業研究所コンサルティングフェロー、大分県商工労働部長、警察庁国際部国際二課課長補佐、内閣総理大臣補佐官付、内閣府大臣官房審議官(原子力防災担当)などを務めた[1][3]2015年(平成27年)には福島県へ赴任し、福島相双復興推進機構専務理事兼事務局長、内閣府原子力災害対策本部現地対対策本部事務局長などを務め、福島第一原子力発電所事故の被災事業者への経営支援などにあたった[6]

2018年(平成30年)7月25日、関東経済産業局長に就任[6]

2020年令和2年)7月20日復興庁統括官に就任[5]

2021年(令和3年)7月1日中小企業庁長官に就任[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d "略歴書" (PDF). 2021年9月6日閲覧
  2. ^ a b “「現場主義で丁寧に」 角野・新局長が抱負 /埼玉”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年8月14日). https://mainichi.jp/articles/20180814/ddl/k11/020/062000c 2021年9月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f 角野 然生”. 経済産業研究所. 2021年9月6日閲覧。
  4. ^ a b “経産次官に多田官房長 特許庁長官は森氏―7月1日発令”. 時事ドットコム (時事通信社). (2021年6月25日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2021062500428&g=eco 2021年9月6日閲覧。 
  5. ^ a b “復興庁人事(20日付)”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). (2021年7月15日). https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14549123.html 2021年9月6日閲覧。 
  6. ^ a b “「中小企業支援に力」 角野然生関東経産局長が抱負 埼玉”. 産業経済新聞 (産業経済新聞社). (2018年8月4日). https://www.sankei.com/article/20180804-RKV5P6LTB5P4BPQSKAMZ3VF7PI/ 2021年9月6日閲覧。 
官職
先代:
前田泰宏
日本の旗 中小企業庁長官
2021年 -
次代:
現職
先代:
小山智
日本の旗 復興庁統括官
2020年 - 2021年
次代:
由良英雄