角盥漱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「角盥漱」

角盥漱(つのはんぞう)は、鳥山石燕妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪。

概要[編集]

角盥(つのだらい)とは漆塗りの洗面道具で宮中などをはじめ女性の用いていた道具のひとつである。石燕は、平安時代歌人小野小町の草紙洗(そうしあらい)の伝説にちなんで角盥を妖怪化して創作されたものと考えられている[1][2]

草紙洗小町』として知られている小町の草紙洗の逸話は、小町と同じく六歌仙の1人である大伴黒主が、小町の歌を自分の歌として歌集に書き込んだ際、小町がそれを自分のものと証明するために歌の書かれた紙を角盥で洗ったところ、文字が流れ落ちて黒主の罪が明らかになったというものである[1][2]の小野小町をあつかった作品「七小町」のうちのひとつとして広く知られていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、224頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ a b 水木しげる妖鬼化Softgarage2004年、90頁。ISBN 978-4-86133-006-3

関連項目[編集]