角田陽一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かくた よういちろう
角田 陽一郎
生年月日 (1970-08-17) 1970年8月17日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県
血液型 B型
職業 テレビプロデューサー脚本家演出家映画監督
活動期間 1994年 -
主な作品
げんげ』(2013年)
オトナの!』(2012年 - 2016年)
究極の人間関係分析学 カテゴライズド』(2014年)
『「24のキーワード」でまるわかり! 最速で身につく世界史』(2015年)

角田 陽一郎(かくた よういちろう、1970年8月17日 - )は、日本テレビプロデューサー脚本家演出家映画監督である。

人物[編集]

1970年千葉県生まれ。1989年千葉県立千葉高等学校卒業。1994年3月に東京大学文学部西洋史学科を卒業。4月に株式会社東京放送(現:TBSテレビ)に入社。

制作局バラエティ部でAD・ディレクターを経たのち、メディアビジネス局デジタルビジネス推進部 兼 制作局制作一部所属。2016年12月31日退社。

バラエティ番組の企画制作をしながら[1]映画監督やネット動画配信会社goomoの設立やスマートフォンアプリ「カテゴリン」の制作、ACC CM FESTIVALのインタラクティブ部門審査員[2]など新しいメディアビジネスをプロデュース。3つの質問で人間の思考や行動の"型"を分析する[3]人間関係分析学「カテゴライズド」理論発案者。現在はバラエティプロデューサーとして活動。

担当番組[編集]

アシスタントディレクター[編集]

ディレクター[編集]

プロデューサー[編集]

総合演出[編集]

その他の活動[編集]

音楽フェスティバル[編集]

  • OTO-NANO!FES 2013(2013年1月23日開催)
  • OTO-NANO!FES 2014(2014年3月6日開催)
  • OTO-NANO!FES 2015(2015年3月12日開催)
  • OTO-NANO!FES NEXT.001(2015年6月8日開催)
  • OTO-NANO!FES 2016(2016年5月23日開催)

ドラマ演出[編集]

  • 負け犬女の壁(2004年)
  • 永沢君(2013年)
  • eのスピリット(2014年)

映画監督[編集]

舞台演出[編集]

  • ダイノジ活動20周年記念公演「テイラー・バートン~奪われた秘宝~」グランジPRESENTS(2015年)
  • 吉本新喜劇 佐藤太一郎企画その16「未来の今日」(あしたのきょう)(2016年)

ラジオ[編集]

  • 「渋谷で角田陽一郎と」渋谷のラジオ(2016年 - )
  • 「ラジオマメヒコ カフエのメディア論講座」(2016年-)

企画プロデュース[編集]

  • モテワンコンテスト(2017年 - )
  • 体験型バラエティ教習「DON!DON!ドライブ」(2017年-)

出演[編集]

  • 視聴率ゼロを出しても続く番組の秘密( #テレビをほめるYESTV #10)(2013年)
  • オトナの徘徊タクシー~坂口恭平、徘徊タクシーを語る~【オトナの!】(2014年)
  • オトナの願いを叶える方法・前編 映画『げんげ』/後編 究極の人間関係分析学カテゴライズド(2014年)
  • ムーンライダーズがなくちゃ生きていけない【オトナの!特別編】(2014年)
  • オトナの!KERAロングインタビュー 【オトナの!】(2015年)
  • NHK『ネットで決戦!#(笑)動画作ってみた』(2017年3月放送)

イベント[編集]

  • 喋りたい人 vol.12 西野亮廣×角田陽一郎(2014年)
  • 角田陽一郎さんライブトーク@ふらっとすぽっと!(2014年)
  • スパイスアップセッション COMMUNE246 岸博幸 伊藤春香 (編集者)(2014年)
  • キンコン西野の大人のための学校「サーカス」vol.2(2015年)
    1. お笑いジャイアン 「おおちお笑い道場」(2015年)
  • スタンダードブックストア『成功の神はネガティブな狩人に降臨する』刊行記念 角田陽一郎×中川和彦(2015年)
  • アップルシード・エージェンシー PREMIUMセミナー「アイデア発想法とバラエティ的企画術」加藤昌治×角田陽一郎(2015年)
  • 立川談慶×角田陽一郎「落語家とテレビプロデューサーが語る、人生をもっと楽しくするトーク&企画術」(2015年)
  • QreatorsVarietySession#1角田陽一郎×丸幸弘 「バラエティ的起業塾」(2015年)
  • QreatorsVarietySession#2 角田陽一郎×イシイジロウ「バラエティ的ゲーム開発」(2015年)
  • キングコング西野の「喋りたい人」Vol.01 キングコング西野亮廣×武井壮×角田陽一郎(2016年)
  • キングコング西野の「喋りたい人」Vol.02 キングコング西野亮廣×立川談慶×角田陽一郎(2016年)
  • キングコング西野の「喋りたい人」Vol.03 キングコング西野亮廣×ダイノジ大谷ノブ彦×角田陽一郎(2016年)
  • やついフェスティバル(2016年)
  • BACKSTAGE2016「マンガ×DJ×テレビ」:コルク佐渡島庸平×ダイノジ大谷ノブ彦×角田陽一郎(2016年)
  • MCEI OSAKA 9月度定例会『人の心を掴むバラエティ発想法とは』(2016年)
  • 明治大学リバティアカデミー「もしバラエティプロデューサーが講義をしたら」」:世界史の講義(2016年)
  • 「未来は、歴史が語ってくれる! 〜世界史からみる、働き方の白熱教室〜」TOKYO WORK DESIGN WEEK 2016(2016年)
  • 荒川和久×角田陽一郎「独身大国ニッポンの歩き方」(2017年)
  • 「ここまで変わった! オーディエンスの動かし方」 BUDDYZ LIVE!! 2017 WINTER (2017年)


書籍[編集]

  • 【連載】水道橋博士のメルマ旬報(Vol.32 2014年2月25日号 - 、BOOKSTAND)
  • 究極の人間関係分析学 カテゴライズド - (2014年 クロスメディア・パブリッシング版)
  • オトナの!格言 - (角田陽一郎編 2014年 河出書房新社版)
  • 成功の神はネガティブな狩人に降臨する -バラエティ的企画術- (2015年7月21日発売 朝日新聞出版版)
  • 「24のキーワード」でまるわかり! 最速で身につく世界史- (2015年11月21日発売 アスコム版)
  • 【連載】cakes「世界はすべてバラエティになる」(2016年7月14日 - )
  • 【連載】BAUS 角田陽一郎の「2017年、的。」(2017年-)
  • 「好きなことだけやって生きていく」という提案- (2017年7月21日発売 アスコム版)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]