角圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角 圭子(すみ けいこ、1920年10月31日 - 2012年10月29日)は、日本の作家ロシア文学者。 東京都生まれ。本名・石山芳。日本女子大学校国文科中退。ロシア文学を研究し、ほか小説を執筆した。1967年『大正の女』で小説新潮賞候補。

著書[編集]

  • 『愛と人生の苦悩の中から』青春出版社・青春新書 1959
  • 『大正の女 ある女流画家の生涯』弘文堂フロンティア・ブックス 1966
  • 『朝鮮の女』サイマル出版会 1972
  • 『太柏の妻』れんが書房 1973
  • 『鄭雨沢の妻 「さよなら」も言えないで』サイマル出版会 1996
  • の心 角圭子作品集』本の泉社 2010 

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 『文藝年鑑2011』
  • 文藝家協会ニュース2012年11月(訃報)