観測強化地域・特定観測地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
観測強化地域・特定観測地域

観測強化地域(かんそくきょうかちいき)および特定観測地域(とくていかんそくちいき)とは、地震予知連絡会1970年に指定した地域である。どちらも2008年に廃止された。

概要[編集]

1968年7月、当時の測地学審議会が建議した第2次地震予知計画の中で考え方が示され (1968年7月16日測地学審議会建議)、1970年に地震予知連絡会によって観測強化地域・特定観測地域が決定された[1]。しかし、その後の地震予知の技術の進歩などにより、特定の地域のみ観測を強化するのではなく、全国的な観測を行うことになり、これらは2008年に廃止された。

特定観測地域[編集]

特定観測地域は、日本において、今後大地震が発生する可能性が高いと予測され、集中的な観測を必要とするとされる地域のこと。過去に大地震があった空白域や、活断層などがある地域、活発な地殻変動が見られる地域、経済的・社会的に重要な地域(東京など)などが選定基準であった[2][3]。1978年に指定された特定観測地域(8地域)は以下の通り[1][4][3]

観測強化地域[編集]

観測強化地域は、日本において、今後大地震が発生する可能性が高いと予測され、他の地域より重点的・集中的に観測・調査が行われる地域のこと(特に異常が発見された時など)。指定されたのは、東海地域南関東地域の2地域である(東海地震南関東直下地震[5][6][7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]