観山正見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
観山 正見
(みやま しょうけん)
生誕 (1951-05-22) 1951年5月22日(67歳)
日本の旗 日本広島県東広島市
研究分野 理論天文学
研究機関 京都大学国立天文台広島大学
出身校 京都大学
博士課程
指導教員
林忠四郎
主な業績 コンピュータシミュレーションによる理論天文学研究を提唱
プロジェクト:人物伝

観山 正見(みやま しょうけん、1951年5月22日 - )は、日本の天文学者宇宙物理学者。専門は理論天文学、とりわけ恒星及び惑星系の形成過程。

人物紹介[編集]

広島県東広島市出身。実家は室町時代から15代続く広島県東広島市(旧・賀茂郡福富町)にある本願寺派のお寺、長円寺。浄土真宗西本願寺派僧侶の資格を持つ。

林忠四郎の弟子の1人で、広島大学附属中学校・高等学校卒業後京都大学理学部に進み、林が教授を務める京大理学部物理学科天体核物理学研究室に学んだ。理学博士で、2006年国立天文台台長に就任。2012年広島大学特任教授。

アメリカ天文学会・海外会員。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 国立天文台内では、いち早くコンピュータシミュレーションによる理論研究を提唱(事実として、日本物理学会長を勤めた松田らと伴に、京都大学に設置されたスーパーコンピュータシステムを活用したシミュレーションの研究を行っている)。
  • 理論研究部時代、台内にスーパーコンピュータシステムの導入に積極的であり、初期に導入された機種から最新機種まで、導入には積極的であり、活用に関しても公開型の活用を提唱している(SuperSINETへの接続なども)。
  • 企画調整主幹として、業務企画プロジェクトを区分して優先順位をつけるなどの工夫を行う。
  • アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計計画などでは、副台長として海外(特に米国天文学会)との調整を行う。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

関連項目[編集]