親華派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

親華派(しんかは、: Pro-Republic of Chinese)とは、親中華民国派を指す日本語である。中国語にも「親華派」という語はあるが、こちらはシノファイルを指すため、日本語と意味が異なっている。(詳細は中国語Wikiの「親華派」を参照のこと。)

中華民国政権が台湾に逃れてからは中華民国を「台湾」と呼称することがほとんどであり、代わりに「親台派」が使われることが多くなっている。また、国共内戦終結前後では意味合いが変化する。

戦前の使用例[編集]

中国大陸に於ける蒋介石政権国民政府)に好意的な人物の事を指す(チャイナ・ロビー等)。蒋介石政権が米国と同盟関係かつ連合国の一員であったため、戦前の親華派は米国人に多く、フランクリン・ルーズベルトなどが代表例である。

戦後の使用例[編集]

台湾に於ける中華民国政権に好意的な人物を指すが、より厳密には国民党政権に好意的な立場を「親華派」、台湾独立派に好意的な立場を「親台派」と呼んで区別することがある。

関連項目[編集]