規制・制度改革に関する分科会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

規制・制度改革に関する分科会(きせい・せいどかいかくにかんするぶんかかい)、略称・規制・制度改革分科会または規制改革分科会は、「行政刷新会議の設置について」(2009年9月18日閣議決定)5[1]に基づき、規制・制度改革に関する調査を行う目的で、2010年3月11日行政刷新会議において設置された分科会[2]。事務は内閣府にある規制・制度改革担当事務局で行われていた。

従来の規制改革会議は2010年3月での任期満了をもって、廃止された。

構成[編集]

分科会長は、内閣府副大臣(行政刷新担当)が務め、分科会長代理は内閣府大臣政務官(行政刷新担当)及び行政刷新会議議長が指名する者が務める。構成員は、行政刷新会議議長が指名する者とする。

必要に応じ、特定の分野に関し調査するため、分科会にワーキンググループ(WG)を設置する。

概要[編集]

分科会は、①分科会の調査審議方針等、全般の運営に関する事項の審議、②分科会で取り扱う検討テーマについての調査審議・調整、の2点を行う。ワーキンググループは、①特定分野に係る検討テーマ決定、②当該テーマの調査審議・調整、の2点を行う。

2010年3月11日行政刷新会議において、グリーンイノベーションWG、ライフイノベーションWG、農業WGの3つのワーキンググループが設置された[3]。当初の検討テーマは、規制改革会議から重要課題として引き継いだもの[4]ハトミミ「国民の声」に寄せられたもの[5]、新成長戦略関連重要検討テーマとして提案されたもの[6]、これら3つから抽出した39のテーマである[7]

抽出の視点は、以下の3点である[8]

  • 国民の安心・安全を前提に、新たな民間事業者等の参入や、事業者の創意工夫の発揮を妨げているような規制・制度はないか
  • 利用者の立場から見て、多様で質の高いサービスの利用を妨げているような規制・制度はないか
  • 許認可や各種申請に係る書類や手続きなど、国民に過度な負担をかけ、行政の無駄や非効率を生んでいるような規制・制度はないか

当面の検討テーマは、2010年6月を目処にとりまとめ、行政刷新会議へ報告するとしている。

ワーキンググループ[編集]

構成[編集]

主査は、内閣府大臣政務官(行政刷新担当)及び行政刷新会議議長が指名する者が務め、構成員は行政刷新会議議長が指名する者とする。

グリーンイノベーションWG(環境・エネルギー分野)[編集]

ライフイノベーションWG(医療・介護分野)[編集]

農業WG[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 行政刷新会議の設置について”. 内閣府. 2009年9月18日閲覧。
  2. ^ 規制・制度改革に関する分科会の設置について”. 行政刷新会議. 内閣府. 2010年3月11日閲覧。
  3. ^ ワーキンググループ(WG)の設置について”. 行政刷新会議. 内閣府. 2010年3月11日閲覧。
  4. ^ 更なる規制改革の推進に向けて~今後の改革課題~”. 規制改革会議. 内閣府. 2009年12月4日閲覧。
  5. ^ 「国民の声」受付結果及び内容について(第1回集中受付月間(1/18~2/17受付))”. 行政刷新会議事務局 国民の声担当室. 内閣府. 2010年3月29日閲覧。
  6. ^ 重要検討テーマ(「新成長戦略」関連)”. 成長戦略策定会議. 経済産業省. 2010年3月29日閲覧。
  7. ^ 検討テーマ各項目”. 規制・制度改革に関する分科会. 内閣府. 2010年3月29日閲覧。
  8. ^ 検討テーマ(案)”. 規制・制度改革に関する分科会. 内閣府. 2010年3月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]